コウチーニョを狙う | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/10/08
コウチーニョを狙う

バルセロナが獲得を目指すコウチーニョをシティも狙う
シルバの後継者としての獲得
スターリング、デ・ブライネに続き
若いスターにものすごい金額を掛けるか

マンチェスター・シティがリバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ獲得に5000万ポンド(約91億5000万)を用意して獲得を狙うと、英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。同紙は8日付の朝刊でこのニュースを一面で取り上げているが、就任間近と見られるユルゲン・クロップ氏の名前を早くも使い、「クロップがコウチーニョを巡る争いに直面」という見出しで紹介している記事では、シティが2016年1月に30歳を迎えるスペイン代表ダビド・シルバの後継者になりえる存在として、コウチーニョを求めていると伝えられている。シティはこの夏に、合計1億400万ポンド(約190億円)を費やしてイングランド代表FWラヒーム・スターリングとベルギー代表MFケビン・デ・ブライネを獲得したが、2列目にさらなるタレントを加えることになるのだろうか。(Soccer Magazine ZONE web)

ラフィーニャやリオネル・メッシら負傷者が相次いでいるバルセロナは、今冬にもコウチーニョ獲得へ動くと言われている。しかし『デイリー・ミラー』によると、マンチェスター・シティもコウチーニョ獲得に興味を示していると伝えられている。マンCは来年1月で30歳になるMFダビド・シルバの後継者としてコウチーニョをリストアップしており、現在23歳のコウチーニョを理想的なアタッカーと考えているようだ。マンCは今夏もリヴァプールからFWラヒーム・スターリングを引き抜いており、今季もリヴァプールがUEFAチャンピオンズリーグ出場権を勝ち取れなかった場合は本格的にコウチーニョ獲得へ動き始める予定だ。ただし、コウチーニョは今年2月にリヴァプールと長期的な契約を結んでおり、獲得する場合はスターリングの時と同じように大金を用意する必要がありそうだ。これを阻止するにはブレンダン・ロジャースの後任と言われるユルゲン・クロップがチームにUCL出場権獲得へ導かなくてはならない。(theWORLD)

update: 2015年10月8日11:29 pm