デ・ブルイネ、いよいよ獲得102億円 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/08/27
デ・ブルイネ、いよいよ獲得102億円

なかなか決められないデ・ブルイネ
いよいよ獲得寸前、移籍金は102億円
ここまで出たらもう決まるだろう、明日?

大型補強を目指すマンチェスター・シティは、ヴォルフスブルクに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネの獲得に近づいているようだ。27日の英紙『テレグラフ』が報じている。同紙によると、シティはデ・ブルイネに対して5500万ポンド(約102億円)のオファーを提示。両クラブ共に交渉に前向きで、同選手の代理人であるパトリック・デ・コスター氏は「契約はまだ起きていない。おそらくそれは明日行われる」と語り、27日に契約の詳細などについて話し合う見通しだ。取引が成功すれば、7月にリバプールから加入したFWラヒーム・スターリングの移籍金4900万ポンド(約94億2000万円)を超えて今夏最高額となる。(フットボールチャンネル)

ボルフスブルクに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネがマンチェスター・シティへ移籍することが決定的となった。クラブ間で合意に至ったと独『キッカー』や英『BBC』が報じている。契約期間は6年間となる予定。移籍金は7400万ユーロ(約102億円)になったという。現地時間の27日にもメディカルチェックを受ける予定だ。英『BBC』によると、デ・ブルイネの代理人であるパトリック・デ・コスタ氏は「マンチェスター・シティとの最終合意には至っていないが、おそらく明日には全てが完了するだろう」と言及している。(ゲキサカ)

マンチェスター・Cが、ヴォルフスブルクに所属するベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネ獲得に関し、クラブ間交渉を成立させたことが明らかになった。『キッカー』、『ビルト』、『WAZ』など、複数のドイツメディアが26日、一斉に報じている。報道によると、両クラブによる交渉は移籍金7500万ユーロ(約101億円)でまとまったという。同選手は27日にメディカルチェックを受けた後、正式に6年契約を結ぶ見通しとなっている。現在24歳のデ・ブライネは、2012年1月にチェルシーへ加入するも定位置確保には至らず、ゲンクとブレーメンへのレンタルを経て2014年1月にヴォルフスブルクへ完全移籍。昨シーズンのブンデスリーガでは10ゴール20アシストを記録し、ドイツ年間最優秀賞に輝いていた。(SOCCER KING)

ヴォルフスブルクMFケヴィン・デ・ブルイネのマンチェスター・シティ移籍が、いよいよ実現に近づいているようだ。イギリスやドイツのメディアが、両クラブが合意に達し、27日に選手がメディカルチェックを受けると報じている。イギリス『ガーディアン』やドイツ『キッカー』によると、シティとヴォルフスブルクは7400~7500万ユーロ(5400万ポンド)の移籍金で合意したとのこと。ボーナスによってさらにこの金額が上がる可能性もあると伝えている。デ・ブルイネは27日にメディカルチェックを受け、28日にもシティ移籍が発表される見込みだそうだ。イギリス『スカイ・スポーツ』は、デ・ブルイネの代理人を務めるパトリック・デ・コスター氏が、「まだシティとの最終合意はないが、おそらく明日になるだろう」とコメントしたと伝えている。移籍金が報道のとおりであれば、昨季レアル・マドリーからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した現パリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリアに続き、デ・ブルイネはイギリス史上2位となる金額でプレミアリーグに戻ることとなる。(Goal)

update: 2015年8月27日11:45 pm