ゴディンを狙うも失敗 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/08/07
ゴディンを狙うも失敗

アトレチィコの後でインを狙ったが失敗したらしいい
しかしペジェグリーニは連れてこれないなイスコとか

マンチェスター・Cが、アトレティコ・マドリード所属のウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン獲得を狙っていることが明らかになった。6日付のスペイン紙『アス』が報じている。同紙によると、ゴディンの契約解除金は4000万ユーロ(約54億円)に設定されており、マンチェスター・Cは満額支払う用意を勧めているという。一方ゴディン本人はアトレティコ残留を希望しており、すでにマンCからのオファーを拒否したと、同日付のスペイン紙『マルカ』は伝えた。現在29歳の同選手は、現在はマンチェスター・Cの指揮官を務めるマヌエル・ペジェグリーニ監督が率いていたビジャレアルへ2007年に加入すると、2010年にアトレティコ・マドリードへ移籍。昨シーズンはリーガ・エスパニョーラで34試合にフル出場した。(SOCCER KING)

巨額の放映権収入を得るプレミアリーグのクラブは、各国からトップ選手を集めている。しかし、アトレィコ・マドリーに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンを獲得することはできなかったようだ。スペイン『マルカ』によるとマンチェスター・シティが、ゴディンの獲得に動いていたという。アトレティコ・マドリーに対し、契約解除金に設定されていた4000万ユーロを支払い、ゴディンにも650万ユーロの年俸を提示した。しかし、ゴディンはアトレティコの本拠地であるビセンテ・カルデロンでプレーを続ける意思を固めたようだ。忠誠を示したゴディンに対してアトレティコは、現在2018年までとなっている契約を延長し、年俸も見直すようだ。アトレティコが提示する新契約は、シティの提示額を下回る。それでも、最初から残留を決めていたゴディンにとっては、まったく問題ではないようだ。近日中には、新たな契約が結ばれる見込みだという。(Goal)

update: 2015年8月7日11:30 pm