グアルディオラ獲得に190億円用意 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/08/04
グアルディオラ獲得に190億円用意

もうずっと欲しいグアルディオラ
来年のバイエルン契約終了時に年俸38億円で5年で狙う

英プレミアリーグのマンチェスター・シティーが、ジョゼップ・グアルディオラ監督(44=バイエルン・ミュンヘン)に、総額1億ポンド(約193億円)の驚がくオファーを準備していると英紙「サン」が伝えた。バイエルンとグアルディオラ氏の契約は2016年夏までとなっており、その去就に注目が集まっている。多くのチームが関心を示すなか、シティーは16年夏にマヌエル・ペジェグリーニ監督(61)との契約が切れるタイミングで名将の招聘を画策している。サン紙によるとシティーは年俸2000万ポンド(約38億円)の5年契約で、スペイン人監督を迎え入れようとしているという。シティーがグアルディオラ氏にこだわる理由は、なんといっても欧州チャンピオンズリーグでの実績だ。バルセロナでの4シーズンで2度優勝し、ベスト4にも2度進出している。バイエルンに移ってからも優勝こそないものの、2シーズン続けてベスト4入り。監督業を始めて以来、CLではベスト4を逃したことがないという“CL男”なのだ。CLではベスト16が最高で、欧州制覇が悲願となっているシティーにとってはのどから手が出るほど欲しい存在だ。また、グアルディオラ氏とシティーの関係は深く、チーフエグゼクティブのフェラン・ソリアーノ氏と強化部門のトップのチキ・ベギリスタイン氏(50)はバルサ時代に苦楽を共にした仲だ。(ロイター)

グアルディオラ監督は今季限りでバイエルンとの契約が満了する。既に来季のマンチェスター・シティ監督就任が決定しているとの報道もあったが、本人は「未だ決断はしていない」と否定した。「今日がこの噂について話す最初で最後の日だ。私は何がクラブにとって最良か、未だ将来を決めていない。しかし、今もベストを尽くしているし、これからもそうするよ」「私は現時点では世界中どのクラブからのオファーを受け取っていない。バイエルンで幸せだよ」(フットボールチャンネル)

update: 2015年8月4日11:14 pm