ヨベティッチ、やっぱり移籍決定 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/08/01
ヨベティッチ、やっぱり移籍決定

まあ移籍はするとほぼ確定だったヨベティッチがインテルに移籍決定
ヨベティッチはやっぱりセリエAがいいか

日本代表DF長友佑都の所属するインテルは7月31日、マンチェスター・Cからモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチを獲得した。同クラブ公式HPが発表している。インテルの発表によると、ヨヴェティッチは2019年6月30日までの契約を結んだという。一方マンチェスター・Cの公式HPでは、契約は2016年12月31日までのレンタル移籍で、一定の条件を満たした場合は完全移籍に変更されると伝えられている。現在25歳のヨヴェティッチは、2013年夏にフィオレンティーナからマンチェスター・Cへ加入するも、負傷が多く2年間でプレミアリーグ30試合の出場に留まっていた。(SOCCER KING)

シティは、ヨベティッチが完全移籍を前提とした1年半のレンタルでインテルに移籍することを発表。インテルは、ヨベティッチが2019年6月末までの契約にサインをしたことを明かしている。過去にフィオレンティーナで活躍したヨベティッチは、27日にミラノ入り。インテルは同選手がメディカルチェックを受ける様子などをクラブの公式サイトで紹介していた。セリエAに戻ってきたヨベティッチは、フィオレンティーナ時代のような輝きを放てるだろうか。(Goal)

マンチェスター・シティのFWステバン・ヨベティッチのインテル加入が決定した。31日、インテルがクラブ公式サイトにて発表している。同選手の移籍は買取義務付きレンタル移籍で、1年半のレンタル期間ののち2019年6月30日までインテルと契約を結ぶ。移籍金はレンタルに300万ユーロ、買取が1200万ユーロで合計1500万ユーロ(約20億円)とみられている。ヨベティッチは2013年にフィオレンティーナからマンチェスター・シティに移籍。しかし、イングランドでは負傷の影響もあって44試合に出場し11ゴールしか決めることはできなかった。ブレイクを果たしたイタリアに帰還し、再び輝きを放つことはできるのだろうか。(フットボールチャンネル)

インテルは7月31日、マンチェスター・シティからモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチを獲得したと発表した。買い取りを前提とした1年半のレンタル契約となる。クラブは2019年6月末までの契約を結んだことを発表している。同選手は過去にフィオレンティーナで実績を積んだ25歳。13年にフィオレンティーナからマンチェスター・シティに移籍した。すでにメディカルチェックも通過しており、インテルのエリック・トヒル会長も「加入発表に満足している。また重要な選手が加わった」と喜びのコメントを残している。(ゲキサカ)

update: 2015年8月1日11:44 pm