ローマがジェコ欲しがるがまだまだ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/07/12
ローマがジェコ欲しがるがまだまだ

ずっとローマが欲しがるジェコ
しかしなかなか決まらない
移籍金がなかなか要求額を出せないようで
どうなることか。

ワルテル・サバティーニSD(スポーツディレクター)はゼコへの関心を認めており、イタリアメディアは選手とローマが年俸450万ユーロで合意に達したと報じているところだ。イタリア『スポーツ・メディアセット』は、ローマがシティに1800万ユーロをオファーしていると伝えた。FWマッティア・デストロやFWセイドゥ・ドゥンビアの放出に動いているローマだが、両選手の売却先が決まる前でも、ゼコ獲得を決める考えという。一方、イギリス『ガーディアン』は、ローマが2000万ユーロでの獲得を望んでいるものの、シティの要求額には満たないと報道。2000万ポンド前後であれば、シティがゼコ売却を考えるのではないかと伝えている。(Goal)

ゼコ獲得を狙うのはローマ。近年シティで十分な出場機会を得られていない同選手を継続的に追っており、移籍金1000万ユーロ(約13億円)でオファーしているとみられている。一方でシティはゼコに移籍金2000万ユーロ(約27億円)を用意しており、その差は小さくない。それでも選手本人の希望からシティ残留は難しいとみられ、ローマは交渉に対して楽観しているようだ。ゼコは2011年にヴォルフスブルクからシティに移籍金3700万ユーロ(約50億円)で移籍。これまで同クラブで189試合に出場し72ゴール39アシストを記録している。しかし、昨季はプレミアリーグで22試合に出場したものの4ゴールとスランプ中だ。果たして同選手のイタリア入りは実現するのだろうか。(フットボールチャンネル)

昨季ニューカッスルからローマに移籍し、イングランドからセリエAに活躍の舞台を移したヤンガエムビワは、次のように語っている。「ゼコは素晴らしい選手だよ。すべてにおいて、セリエAでも活躍できるだけの能力を備えている」(Goal)

update: 2015年7月12日11:47 pm