ファイナンシャルフェアプレー違反制裁解除 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/07/04
ファイナンシャルフェアプレー違反制裁解除

ファイナンシャルフェアプレー違反制裁解除
これで金の力を思う存分使うことができる
しかし交渉力はどうだ?前からいい選手を獲得するも
それと同じくらいしくじりも多く最近は
金額の大きいしくじりマンガラとかマンガラとかマンガラとか
ちゃんといい補強をしてくれ

UEFA(欧州サッカー連盟)は現地時間3日、マンチェスターC(イングランド)とパリSG(フランス)について、FFP(ファイナンシャルフェアプレー)に基く規約違反で科していた処分を解除した。これにより、両クラブは補強や賃金に昨季より多く資金を投じることが可能となり、今季チャンピオンズリーグに21選手ではなく25選手を登録することも認められる。ただし、UEFAは今後もマンCとパリSGを「厳しく監視」していくと明かしている。パリSGのナセル・アル・ケライフィ会長は、クラブの公式サイトで、UEFAの「フェアで建設的な決定」を歓迎するとコメント。「これで移籍市場でより活発に動けるようになった。必要なタレントを獲得することで、さらに競争力のあるチームにしていきたい」と満足感を表した。昨夏、FFP制度に違反したとして、UEFAから支出制限を科されていたマンCとパリSG。さらなる処分を避けるべく、マンCはFWラダメル・ファルカオの獲得を諦め、パリSGはMFアンヘル・ディマリアの獲得合戦から手を引いたと言われている。その結果、両選手を手にしたのはマンチェスターUだった。なお、ファルカオについてはマンUが買い取りオプションを行使せず、今季はチェルシー(以上イングランド)に期限付き移籍することが決まっている。(STATS-AP)(ISM)

欧州サッカー連盟(UEFA)は3日、パリSGとマンチェスター・シティに出していたファイナンシャルフェアプレー(FFP)違反による制裁を解除すると発表した。複数メディアが伝えている。これにより今夏から移籍市場で積極的な動きが可能となる。パリとシティには2014年5月にFFP違反でチャンピオンズリーグでの選手登録制限、移籍金の上限設定、年俸総額の増加を抑えること、さらに3年総額6000万ユーロ(約80億円)の罰金が言い渡されていた。1年間で制裁が解除されたことで、罰金も1/3となる見込みだ。ただ制裁が解除されたからといって、無制限の補強が許されたわけではない。今後もUEFAの監視下の下、終始目標などの条件を満たす必要がある。しかし『レキップ』によると、パリSGのアル・ハライフィ会長は「欧州サッカー界にとってとてもいいニュースだ」と喜び、「これからはクラブの成長を助けてくれる選手にお金を出す。我々の目標は明確だ。欧州の頂点を目指し、これまで以上に戦うことを誓うよ」と更なる戦力整備に意欲をみせた。またマンチェスター・シティも大型補強に乗り出す様相だ。第1ターゲットはリバプールのイングランド代表のFWラヒーム・スターリングとみられ、各ビッグクラブが注目するユベントスのMFポール・ポグバらの獲得にも参戦するとみられる。(ゲキサカ)

欧州サッカー連盟(UEFA)は3日、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の財務規則に違反していたマンチェスター・シティ(イングランド)とパリ・サンジェルマン(フランス)に科していた処分を解除したことを発表した。両クラブは、UEFAが2011年に導入した過去3シーズンのクラブの支出が収入を超えないように定めた規則があったにもかかわらず、赤字額の限度を超えていたため、6000万ユーロ(約82億円)の罰金、移籍市場での人件費縮小、チャンピオンズリーグの選手登録人数減少などの処分を科されていた。2クラブは今夏から制裁解除となったことで積極的な補強に乗り出すことが見込まれており、ユベントスに所属するフランス代表のMFポール・ポグバや、ヴォルフスブルクに所属するベルギー代表のMFケビン・デ・ブルイネの獲得に向けて高額な移籍金を支払う準備があると報じられている。(フットボールチャンネル)

クラブの健全経営を求めるFFPで規定される出費額を超過したとして、シティとPSGには昨年から処分が下されていた。両クラブは再びFFPの基準を満たしたため処分が解除されたとのことだ。シティとPSGはチャンピオンズリーグでの登録人数を21名(通常25名)に制限された上で、登録メンバーのサラリー総額が前シーズンを上回らないこと、補強総額を6000万ユーロ(4900万ポンド)に抑えることなどの処分を受けていた。3年間で総額6000万ユーロの罰金処分も下されたが、1年分の罰金のみが科されることになった。UEFAはクラブが引き続き「厳格な監視下に置かれる」とした上で、今後も収支目標を達成する必要があることを強調している。PSGのナセル・アル・ケライフィ会長はこの決定を歓迎し、「これから移籍市場で積極的に動いてチームが必要とする適切なタレントを獲得し、競争力をさらに高めることができる」とさっそく補強に意欲を見せている。一方のシティに関しても、リヴァプールMFラヒーム・スターリングやユヴェントスMFポール・ポグバ、ヴォルフスブルクMFケヴィン・デ・ブルイネなどの高額なターゲットの獲得に動くのではないかとメディアが憶測を伝えている。(Goal)

【AFP=時事】欧州サッカー連盟(UEFA)は3日、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の財務規定違反があったとしてマンチェスター・シティ(Manchester City)とパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)に科していた制裁を解除した。これにより両クラブは、財政上の制約から解放された状態で移籍市場に参入することになる。PSGのナセル・アル・ケライフィ(Nasser Al -Khelaifi)会長は制裁解除を認めたものの、「無制限の」予算は存在せず、精査して新たな選手を獲得するとしているが、一方のシティは巨額を投じる姿勢を見せている。シティの主なターゲットは、昨季ドイツ・ブンデスリーガ1部を2位で終えたVfLボルフスブルク(VfL Wolfsburg)に所属するベルギー代表のケビン・デ・ブルイネ(Kevin de Bruyne)、ユベントス(Juventus)に所属するフランス代表のMFポール・ポグバ(Paul Pogba)、リバプール(Liverpool FC)に所属するイングランド代表のFWラヒーム・スターリング(Raheem Sterling)とされている。リーグ優勝のタイトルを失うなど、昨季無冠に終わっているシティは、3選手の獲得に1億5000万ポンド(約286億円)を費やすものと見られている。中東の企業が所有するPSGとシティは、クラブの財政健全化を目指すFFPの財務規定違反があったとして、ミシェル・プラティニ(Michel Platini)会長率いるUEFAから最初の標的にされ制裁を受けていた。制裁により両クラブには巨額の罰金が科され、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2014-15)で登録選手数を21人に制限する処分を受けていた。(AFPBB News)

欧州サッカー連盟(UEFA)は3日、財務規則違反のためマンチェスターC(イングランド)とパリ・サンジェルマン(フランス)に科していた人件費抑制などの処分を解除したと発表した。両クラブは経営に改善が見られ、これで今夏は積極的な補強が可能になる。UEFAはクラブの健全経営を目指し、赤字額に上限を設定した「ファイナンシャル・フェアプレー」を導入している。(日刊スポーツ)

update: 2015年7月4日11:23 pm