ヨベティッチ、やっぱりイタリアか | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/07/01
ヨベティッチ、やっぱりイタリアか

イタリアで人気のヨベティッチ
マンチーニ・インテルが欲しがっているが
ミランも欲しがっている

モハメド・サラーはインテルから少し遠ざかっているようだ。これを受け、ロベルト・マンチーニ監督はサラー獲得失敗に備え、ステファン・ヨベティッチに向かうことを決めたようである。ヨベティッチとの話は具体的だ。7月1日にはインテルと選手の代理人が会談するとみられる。選手のコンディションを知る機会となるだろう。負傷した彼の肉体的なコンディションのことではない。マンチェスター・シティにおける彼の状況という意味だ。ヨベティッチがイタリアでより多くの出場機会を得ることを望んでいるのは、すでに周知のとおりだ。ヨベティッチはイタリアで国際的な評価を得た。そのイタリアが、再び彼にとって理想的な解決策となるかもしれない。(Gazzetta.it)

マヌエル・ペジェグリーニ監督の下で、シティで思うようにインパクトを残せていないヨベティッチは、セリエA復帰の可能性が噂されている。関心を寄せるクラブの一つが、フィオレンティーナMFモハメド・サラーとともにヨベティッチに興味を示しているインテルだ。ヨベティッチにはユヴェントスやローマも注目していると言われるが、そこにミランも加わったという。同じ代理人のシャルケDFマティヤ・ナスタシッチへの関心も伝えられているが、交渉の過程でヨベティッチについても話し合う可能性が指摘されている。(Goal)

update: 2015年7月1日9:29 pm