スターリングかウィルシャーか | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/06/19
スターリングかウィルシャーか

スターリングかウィルシャーか
ともにイングランド代表
スターリングかウィルシャーじゃなく
スターリングとウィルシャーということもありえるらしい
リバプールはなかなか首を縦にふらないが

マンチェスター・Cが、アーセナルに所属するイングランド代表MFジャック・ウィルシャーの獲得を狙っているようだ。18日付のイギリス紙『デイリー・ミラー』や『エクスプレス』など複数のメディアが報じている。ウィルシャーは14日に行われたユーロ2016予選のスロヴェニア代表戦でイングランド代表初ゴールを決めた。国民から期待を寄せられる同選手には、マンチェスター・Cが興味を持っており、アーセナルに対してオファーを出す模様だ。マンチェスター・Cは元同代表MFフランク・ランパード、同代表MFジェームズ・ミルナー、DFマイカ・リチャーズ、MFスコット・シンクレアなどの多くのイングランド人選手を今夏に放出する予定であり、ホームグロウンプレーヤー枠の確保のためにイングランド人のウィルシャーを狙っているという。リヴァプールの同代表MFラヒーム・スターリングには4000万ポンド(約78億円)の再オファーを出したとされるマンチェスター・Cだが、ウィルシャーには3000万ポンド(約58億5000万円)のオファーを準備しているようだ。(SOCCER KING)

「スカイ・スポーツ・ニュースHQ」のリポーターを務めるジェームズ・クーパー氏は、シティの補強プランについて、「彼ら(シティ)はウィルシャーを注視している。彼らが追うのはスターリング“か”(or)ウィルシャーではなく、スターリング“と”(and)ウィルシャーになるだろう」と語っている。シティは、スターリング獲 得のために4000万ポンド(約77億円)という高額オファーを提示したものの、5000万ポンド(約98億円)を要求するリバプールに一蹴されたと報じられたばかり。しかし、シティは、「ホーム・グロウン・ルール(※)」を順守するためにライバルチームからの引き抜きを諦めていない。(※現行では国籍を問わず、22歳以上の登録25選手のうち、21歳の誕生日を迎えるシーズン終了までに、3シーズンもしくは36カ月以上イングランドおよびウェールズのチームでプレーした選手を8人以上登録しなければならないルール)ウィルシャーについて、クーパー氏は「週末のイングランド代表戦で決めた2ゴールにより、彼の値段も少し上がっているだろう」と話している。ウィルシャーは14日に行われた欧州 選手権予選グループEのスロベニア戦で代表初ゴールを含む2得点を挙げ、チームの勝利に貢献。近年は負傷に悩まされ、満足な活躍を見せられていなかったレフティーは復活の兆しを見せていた。(Soccer Magazine ZONE web)

リヴァプールに所属するイングランド代表MFラヒーム・スターリングに対し、マンチェスター・Cが金額を上乗せてオファーしていたものの、リヴァプールが再度却下したという。18日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。今夏、マンチェスター・Cによる目玉補強の1人として噂されるスターリング。先日、同クラブは3000万ポンド(約57億円)のオファーを拒否されたことにより、今度は4000万ポンド(約76億円)で再オファーを出していたという。なお、リヴァプールは同選手の移籍金として5000万ポンド(約95億円)を希望しており、マンチェスター・Cのオファーする金額とは未だに大きな開きが存在する模様。一方、マンCのカルドゥーン・アル・ムバラク会長は11日、クラブ公式チャンネル『City TV』のインタビューにて、「我々の高い目標に合う、質の高い選手たちが今夏加入するだろう。チームがより強くなって、競争力の高い集団となることを私が保証する」と、大型補強を明言した。そのため、3度目のオファーも予想されている。(SOCCER KING)

update: 2015年6月19日10:18 pm