コラロフ、ミラノ勢から欲しがられる | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/06/10
コラロフ、ミラノ勢から欲しがられる

マンチーニから欲しがられるコラロフ
マンチーニだけじゃなく前からイタリアから興味を持たれているコラロフ
ヤヤを獲れなかったインテルが執念で獲れるか?

日本代表DF長友佑都の所属するインテルのピエロ・アウジリオSD(スポーツ・ディレクター)が、マンチェスター・C所属のセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフの代理人を務めるセルジオ・ベルティ氏と交渉を行っていることが明らかになった。9日、大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。長友と同じ左サイドバックを主戦場とするコラロフは、2014年6月にマンチェスター・Cとの契約を3年延長したばかりだが、フランス代表DFガエル・クリシーとのポジション争いを完全に制したとは言えない状況にある。現在インテルを率いているロベルト・マンチーニ監督は、2013年5月まで3年半の間マンチェスター・Cの指揮官を務めており、コラロフの他にもモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチやコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレなど、当時の教え子たちへの興味が噂されていた。また同メディアによると、コラロフ獲得には日本代表FW本田圭佑所属のミランも関心を寄せているという。ミランはフィリッポ・インザーギ監督を解任してシニシャ・ミハイロヴィッチ氏を指揮官に迎えることが濃厚と報じられている。セルビア出身のミハイロヴィッチ氏は、同国代表のコラロフ獲得を希望しているという。(SOCCER KING)

update: 2015年6月10日11:09 pm