ビジャをレンタルで獲得か? | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/06/07
ビジャをレンタルで獲得か?

ジェコやヨベティッチが出ていきそうな感じで
アグエロがいても怪我が怖いしボニーで大丈夫かというのもあるしで
ビジャをレンタルで獲得という話し
そういうのしか無いのか?全体的な高年齢化に問題ありなはずだが

元スペイン代表FWダビド・ビジャが来年1月にマンチェスター・シティFCに加入する可能性があると、英地元紙「マンチェスター・イブニングニュース」が報じている。バレンシアやバルセロナで活躍したビジャは、現在アメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCでプレーしている。MLSのシーズンは3月に開幕し、11月にシーズンが終了。MLSのオフシーズンにあたる1月にはヨーロッパの移籍マーケットが開くことから、姉妹クラブのマンチェスター・シティである短期レンタルでの加入の可能性が急浮上している。過去には元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏や元フランス代表FWティエリ・アンリ氏も同様に短期レンタルでMLSからヨーロッパのクラブに移籍した例がある。また、ビジャ本人も今季のMLS開幕前に、同じくシティグループの姉妹クラブ、オーストラリア・メルボルン・シティFCへ短期レンタルを経験している。シティは現時点で、エディン・ゼコ、ステファン・ヨベティッチの両FW去就が不透明なため、ストライカーの補強は急務とされている。人気銘柄のリバプールFWラヒーム・スターリング獲得の争奪戦に加わるなど積極的な動きを見せているが、スターリングはマンチェスター・ユナイテッドなど競合多数で獲得の難易度は高いと見られている。(Soccer Magazine ZONE web)

update: 2015年6月7日11:10 pm