ヤヤ・トゥーレ獲得にインテル会長も真剣 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/05/15
ヤヤ・トゥーレ獲得にインテル会長も真剣

出ていくでて行かないでなかなか
落ち着かないヤヤ・トゥーレ
マンチーニが欲しくてしょうがないが
インテル会長も真剣に獲得に動くと宣言
今年はひこうきを飛ばしてまで誕生日を祝った
やることはやったので退団はしょうがない

インテルのエリック・トヒル会長が母国インドネシアのメディアで、マンチェスター・シティMFヤヤ・トゥーレの獲得を真剣に目指すと明かした。ロベルト・マンチーニ監督がシティで指導したY・トゥーレに関心を寄せているインテル。トヒル会長はインドネシア『テンポ』で、次のように語った。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。「私は真剣にやるよ。Y・トゥーレをミラノに連れてきたいんだ。どれだけの可能性があるかは言えない。だが、我々がそのために頑張ることは確かだよ」一部のメディアは、Y・トゥーレがインテル移籍のためにサラリーカットに応じたとも報じている。『コッリエレ・デッロ・スポルト』は先日、選手とインテルが合意に達したとも伝えた。『ガゼッタ』は、インテルがY・トゥーレ獲得のために、MFマテオ・コバチッチを売却するとも報じている。(Goal)

マンチェスター・シティのMFヤヤ・トゥーレが、DF長友佑都の所属するインテルに来季から移籍することが濃厚なようだ。現地時間12日のイタリア紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。同紙によれば、Y・トゥーレがシティ時代の指揮官で現インテル監督のロベルト・マンチーニ氏に承諾の返事をしたという。マンチーニ監督は、以前からY・トゥーレに対して関心を認めており、ラブコールを送っていた。また、インテルのエリック・トヒル会長もイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に対し、同様に関心を認めている。『コリエレ・デッロ・スポルト』は、Y・トゥーレが年俸の大幅減額でインテルに了承したと伝え、インテルは500万ユーロから800万ユーロ(約7億から11億円)+出来高で4年契約を提示している様子。しかし、2017年までシティと契約を結ぶ同選手は、移籍金1500万ユーロ(約21億円)になると見られおり、フィナンシャルフェアプレー違反で制裁を受けたばかりのインテルにとって高額なのは間違いない。それでも、Y・トゥーレの代理人が『スカイ』でシティを離れることは90%確実と明かしており、移籍は確実なようだ。(フットボールチャンネル)

複数のクラブがY・トゥーレの獲得を希望していると見られていたが、ここに来て元シティのロベルト・マンチーニ監督が率いるインテルへの移籍の動きが加速しつつあるようだ。12日にはイタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が、Y・トゥーレがインテルの提示する状況を了承したとも報じた。だがコートジボワール代表のチームメートでもあるボニーは、Y・トゥーレはシティの「レジェンド」であり、クラブの誰もが残留を望んでいる選手だと話している。イギリス複数メディアが同選手のコメントを伝えた。「僕らは彼が残ってくれることを願っているよ。ここでの彼はビッグプレーヤーだし、彼がクラブのためにしてくれていることは僕らがすべて知っている。過去数年間に彼が何をしてきたか、いかに重要な選手なのかを見てみればいい」「彼の力は見てのとおりだ。僕から言う必要もない。彼が何をできるか、誰もが知っているよ。ここにいる全員が彼に残ってほしいと思っているのは間違いない。このクラブのレジェンドだし、これからもレジェンドであり続けるはずだ」昨季はチームをプレミアリーグ優勝に導く活躍を見せたY・トゥーレだが、今季はそのパフォーマンスを再現することができなかった。「彼にとっては難しかったけど、3年連続で大きな国際大会があったことは忘れるべきじゃないよ。ワールドカップとアフリカ・ネーションズカップだ」「たくさんの試合を戦わなければならないし、気温が高い中での試合もある。簡単じゃないよ。そういう時期には負傷してしまうこともあるし、プレッシャーや期待も高いからね」(Goal)

update: 2015年5月15日4:01 am