ヤヤ・トゥーレ、シティは好きだが | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/04/22
ヤヤ・トゥーレ、シティは好きだが

ヤヤ・トゥーレはパリなのかインテルなのか
もう移籍はするだろうという中コメント
シティは好きなんだが。
マンチーニもいい、パリ・サンジェルマンもいい

何度も言ってきたけど、僕にはマンCのサポーターに対する義務がある。ここでの自分の時代が終わるまで戦い続けるという義務がね。監督交代があったとしても、それが僕の決断に影響することはない。それよりも、どんな挑戦に臨むのかということだ。マンチーニは僕にとっての師だ。特別な指揮官さ。僕は、彼が監督だった時期が大好きだ。それはみんなが知っている。今、マンCでプレーするのが大好きなこともね。でも、以前にも言ったように、クラブが提示するスポーツ面での挑戦に何よりも関心を抱く時期に僕は来ているんだ(Gazzetta.it)

未来については、君ら以上のことを知らない。僕は常に新たな挑戦を提示される場所へ行くからだ。それが僕の性質なんだよ。以前も言ったけど、僕にはシティのファンに借りがあり、このクラブでのキャリアの最後まで戦い続ける。上層部の変更によって僕の決定が左右されることはない。どんな挑戦を提示されるかどうかなんだ。PSGは素晴らしいし、成長を止めないクラブだ。偉大な選手が自分の場所を見つけ、貢献できるビッグクラブでもあるね。マンチーニは僕にとっての師なんだ。特別な監督だよ。彼がここのボスだった時期を僕が愛していることは秘密じゃない。今、シティのためにプレーするのが好きなのと同じようにね。でも僕は、何よりもクラブが自分に提示するスポーツ面での挑戦により関心を抱く段階にたどり着いたんだ(Goal)

インテルが、今夏の移籍市場で獲得を夢見るY・トゥレは、マンチーニ監督について「私にとって素晴らしい監督。大きく抜きん出た指導者だ。彼がマンチェスター・Cの指揮官を務めていたシーズン、私が監督を強く尊敬していたことは秘密でも何もない。私が今、マンチェスター・Cでプレーすることに満足しているのと同じようにだ」と言明。インテル入りを強く願う恩師へ、尊敬の言葉で返答する形となった。さらに「これまでもすでに言ってきたことだが、自分はクラブが与えてくれるサッカーの挑戦に、他の何よりも強く関心があってやってきた」と続け、移籍する際に金銭面などを考慮していないと主張している。(SOCCER KING)

update: 2015年4月22日11:20 pm