アデバヨールがアーセナルに敵意を持つ理由 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2009/11/01
アデバヨールがアーセナルに敵意を持つ理由

アデバヨールが古巣のアーセナルに敵意を持つ理由
まあ本当かどうかは話半分だとして熱いから
毎回カリカリするのか?

夏の市場でアーセナルからマンチェスター・シティに移籍したFWエマヌエル・アデバヨールは、古巣に対して強烈な敵意を持っている。それは、同選手がアーセナル戦で見せた振る舞いを振り返れば間違いのないことだろう。ゴールを決めた後にアーセナル・サポーターを挑発したことに加え、元チームメートのFWロビン・ファン・ペルシを故意に傷つけたとして、アデバヨールには重い処分が下っていた。その彼が、移籍を決断した決定的な理由について明かしている。『CNN』が同選手のコメントを以下のように伝えた。「(アーセン・ヴェンゲル)監督と話し合いをしたとき、僕がここに残っても出場機会は与えられないだろうと感じたよ」そして、アーセナルとの一戦についても話している。「ピッチに向かうトンネルの中で、僕はかつての仲間と握手しようと思っていたんだ。でも、彼らはそうすることを嫌った。ショックだったよ。とても傷ついたね」「その後、『仕方ない。これも人生の一部だ』と考えたんだ。そしてピッチに立ったら、僕を中傷する歌が聞こえた。父を侮辱されたし、母を侮辱された。それに僕は応える必要があったんだ。彼らからゴールを奪う以上の反応はなかったはずだね」(Goal)

update: 2009年11月1日12:17 pm