マンチーニ、イタリアにシティを作りたい? | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/03/24
マンチーニ、イタリアにシティを作りたい?

インテルをよくするためにシティから選手が欲しいマンチーニ
まずはヤヤ・トゥーレ、イタリアに来たいはずだ
セリエAを挑戦するべきと、とにかく欲しくてしょうがない
そしてジェコ、さらにヨベティッチ
前にはコラロフの名前が出ていたし
マンチーニはミラノ・シティを作る気か

インテルは危機的な状況にあり、欧州カップ戦出場が遠のいている。そのため、クラブは夏にロベルト・マンチーニ監督へのプレゼントとして補強をすべく、ビッグネームの一人をマーケットに出さなければいけないだろう。移籍する可能性がある選手は少なくない。特に注目が、マウロ・イカルディ退団の可能性だ。同選手はまだ契約を延長しておらず、プレミアリーグやレアル・マドリーからの関心を受けている。インテルはイカルディを放出する場合、最低4000万ユーロ(約52億4000万円)の移籍金を望むだろう。中盤でも犠牲が払われるかもしれない。大金を払って獲得したエルナネスは、ミラノでラツィオ時代のレベルを見せることができず。マテオ・コバチッチはマンチーニ監督の構想から追いやられており、一方で欧州では多くのクラブから評価されている。再び輝き出したフレディ・グアリンも常にふるいにかけられている。すべては、マンチーニ監督が好むトッププレーヤーを獲得して再出発するためだ。そのリストのトップにいるのが、マンチェスター・シティ時代から指揮官がよく知るヤヤ・トゥーレである。難しい取引となるだろう。そのため、マンチーニ監督は自らY・トゥーレに働きかけているところだ。前線の強化でも、やはりシティに注目だ。エディン・ジェコは前任者のワルテル・マッツァーリ氏も気に入っていた。プレミアリーグでの2シーズンで好不調の波があったステファン・ヨベティッチも、セリエAで再発進したいと願っているようだ。(Gazzetta.it.)

update: 2015年3月24日5:51 pm