マンチーニ、歓迎されず悲しい | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2009/12/26
マンチーニ、歓迎されず悲しい

就任早々、去るときに「プレーヤーが私と一緒にいてくれることを望むよ」と
いきなり哀愁漂う発言、がんばれマンチーニ

マンチェスター・シティを率いることになったロベルト・マンチーニ監督は、自身が選手に望まれてやってきた存在ではないことを認識しているそうだ。イタリア『テレロンバルディア』の番組で、同指揮官が次のように語っている。「チームは私に対して、特別な歓迎などはしなかったよ。まだヒューズ(前監督)に愛着を持っている選手が多かったね」ただ、これから選手たちと良い関係を築けると感じているようで、以下のように加えた。「私がマンチェスター・シティを去るとき、プレーヤーが私と一緒にいてくれることを望むよ」(Goal)

update: 2009年12月26日12:41 am