エティハド航空と年145億円スポンサー契約か | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/03/09
エティハド航空と年145億円スポンサー契約か

エティハド航空と年145億円スポンサー契約か
もうこの金額が凄いのか?凄くないのかわからなくなってくる
これだけすごい金額もメッシを買うとなったらこれでも足りない
いつまで、どこまで上がるのか

すでにエティハド航空とスポンサー契約を結んでいるマンチェスター・C。10年間の契約を結んでいたものの、それを更新する手続きを進めているという。現在の契約の価値は、ユニフォームスポンサー、ネーミングライツなど全てを含めて4000万ポンド(約72億4000万円)となっているが、それを年8000万ポンド(約145億円)に倍増させる計画である。マンチェスター・Cは昨年ファイナンシャル・フェアプレー制度に違反したとして4900万ポンド(約89億円)の罰金を科されている他、スタジアムや練習施設の拡張を行うための動きを行っており、トップクラブと対等に戦うためには収入の増加が必要となっている。ライバルであるマンチェスター・Uはシボレーと年4700万ポンド(およそ85億円)、チェルシーは横浜ゴムと年4000万ポンド(およそ72億円)の契約を胸スポンサーだけで結んでおり、現在のシティの契約はかなりそれから劣るものになっていた。なお、マンチェスター・Cとエティハド航空の関係についてはこれまで当事者ではないという判決が出ているため、ファイナンシャル・フェアプレー制度には抵触しない可能性が高いと考えられている。(SOCCER KING)

update: 2015年3月9日11:32 pm