シティがマリノスの補強を助けブラジルU21代表FW獲得 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/02/28
最終更新日:2019/07/15
シティがマリノスの補強を助けブラジルU21代表FW獲得

シティグループが業務提携する横浜Fマリノスに
ブラジルU21代表FWサンパウロ所属ののアデミウソンを獲得させる
シティとしてはその土地その土地のシティグループのクラブを
強くしクラブ自体を魅力的にしてビジネスとして上げる
そのためマリノスを強くすると言っている
モンバエルツ監督もシティがリストアップ
いよいよマリノスを本格的に強くしていく

横浜Mが、ブラジルU―21代表FWアデミウソン(21)=サンパウロ=の獲得に動いていることが27日、分かった。ブラジルのスポーツサイト「グローボ・エスポルテ」が報じた。ロマリオ2世との呼び声が高く、過去にはACミランやRマドリードも獲得に興味を示した逸材だ。獲得交渉は、横浜Mが昨年業務提携契約を結んだマンチェスターCなどの運営母体シティフットボールグループが行っている。獲得が決まれば横浜Mにレンタル移籍させるという流れで、将来の欧州移籍を見据えて出場機会に恵まれない南米の金の卵に日本で経験を積ませる狙いがある。移籍金は750万ユーロ(約10億円)とされている。(スポーツ報知)

アデミウソンは1994年1月9日生まれの21歳。抜群のテクニックを武器に、ブラジル世代別代表でも活躍。ブラジル次世代の10番候補で、R・マドリーなど欧州ビッグクラブも注目し続けている。Jリーグ開幕まで1週間となったこの時期に、楽しみな選手が加わった。(ゲキサカ)

横浜は28日、ブラジルの名門サンパウロのFWアデミウソン(21)の期限付き移籍での加入が内定したと発表した。移籍期間は16年1月1日まで。世界が注目する王国ブラジルの逸材で、16年リオデジャネイロ五輪に出場するU-21(21歳以下)同国代表の背番号10を背負うFW。Jリーグ開幕まで1週間。将来の世界サッカー界のスター候補が横浜にやって来る。(日刊スポーツ)

update: 2015年2月28日3:29 pm