ボニーを取ってヨベティッチを外したチャンピオンズ・リーグ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/02/07
ボニーを取ってヨベティッチを外したチャンピオンズ・リーグ

定員25名 8人は自国で育成された選手で外国人選手は17人まで
シティはフィナンシャル・フェアプレーで引っかかり 定員21名 外国人選手は16人まで
こんな状況の中なかなか厳しい選択
この冬取った目玉のボニーは外せずヨベティッチを外した
これはかなり厳しい、ボニーがしくじったら大事だし
ヨベティッチもがっくり来て移籍をしようと考えるだろうし
もう少し考えて補強出来なかったか?

マンチェスター・シティのFWステバン・ヨベティッチがチャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバーから外れた。5日の英国メディア『ESPN』が報じている。ヨベティッチはモンテネグロ出身のFW。イングランド国籍は持ち合わせていないため、外国人枠の対象となる。シティはこの冬にスウォンジ―からFWウィルフリード・ボニーを獲得。同様にコートジボワール出身なため外国人枠の選手となる。CLの定員は25名で、そのうち8人は自国で育成された選手と言う規定があり、外国人選手は17人までとなっている。通常なら、ボニーを入れてもヨベティッチはメンバー入り可能だが、シティはフィナンシャル・フェアプレーの違反による制裁のため最大21人、そのうち外国籍選手が16人までしか登録出来ない。今回のリストメンバーにはボニーが入り、ヨベティッチは押し出されてしまった形だ。(フットボールチャンネル)

UEFA(欧州サッカー連盟)は現地時間5日(以下現地時間)、チャンピオンズリーグ(以下CL)決勝トーナメント1回戦に臨む各クラブの登録メンバーを発表。マンチェスターC(イングランド)では、FWステヴァン・ヨヴェティッチが外れ、今冬新加入のFWウィルフリード・ボニーがリストに入った。FFP(ファイナンシャル・フェアプレー規則)に抵触したことにより、CLの選手登録枠を25から21に削減との制裁を受けているマンC。メンバーを厳選しなくてはならないなか、決勝トーナメント1回戦のバルセロナ(スペイン)戦に向け、グループリーグ5試合出場で無得点に終わったヨヴェティッチを外し、ボニーを選択という決断を下した。(ISM)

UEFA(欧州サッカー連盟)は5日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメントの各クラブの登録メンバーの変更を発表した。『UEFA.com』が伝えている。各クラブが冬の移籍市場で補強や放出を行い、いよいよ17日から決勝トーナメントが始まる。話題を呼んでいるのは、マンチェスター・Cのメンバー変更だ。1月にスウォンジーから加入したコートジボワール代表FWウィルフリード・ボニーがメンバー入りしたのに対し、モンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチが登録リストから外れたのだ。ヨヴェティッチは、ここまでリーグ戦14試合に出場し5ゴールをマーク。負傷で離脱していたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロやボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコの穴を埋める存在だっただけに、驚きを与えている。(SOCCER KING)

マンチェスター・シティは、新戦力のFWウィルフリード・ボニーをチャンピオンズリーグ(CL)登録メンバーに含めた。一方で、FWステファン・ヨベティッチが外れている。イギリス『BBC』などが伝えた。ヨベティッチを外してボニーを登録したシティは、3人のアタッカーでCLを戦うことになる。ボニーのほかには、セルヒオ・アグエロとエディン・ゼコだ。ボニーはこの冬、シティが2800万ポンドを投じて獲得した新戦力。シティはファイナンシャルフェアプレー(FFP)に抵触したことで、通常25人登録できるCL登録メンバーを21人に減らされており、ヨベティッチが外れた。(GOAL)

update: 2015年2月7日11:15 pm