ラカゼットに興味 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/01/07
ラカゼットに興味

前線補強に動いているシティ
今度はリヨンのラカゼット

マンチェスター・シティが次世代のストライカー探しに着手したようだ。オリンピック・リヨン所属のFWアレクサンドル・ラカゼットの獲得に向け、日曜日に行われたフランスカップ・ベスト64のRCランス対リヨン戦にスカウトを派遣したと5日、英メディアの『マンチェスター・イブニング』が報じている。ラガゼットは2003年にリヨンの下部組織に入団。各年代の代表では、08年のU-17欧州選手権で準優勝、10年自国開催のU-19欧州選手権で優勝を経験。またU-20W杯では5ゴールを挙げチームを4位に導き、自身もブロンズシューズを獲得した。今季は国内リーグで21試合に出場し、既に昨季の15ゴールを上回る19ゴールを記録。欧州主要リーグではレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ驚異的なペースで得点を量産している。リヨン会長のジャン=ミシェル・オラスは1月の売却を否定しているが、シティが獲得に乗り出しているスウォンジーのコートジボワール代表FWウィルフリード・ボニのアフリカ・ネーションズ杯参加の影響により、ラカゼットの今冬移籍が現実味を帯びている。(フットボールチャンネル)

update: 2015年1月7日9:58 am