10.25:vs ウェスト・ハム(A) | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2014/10/26
10.25:vs ウェスト・ハム(A)

10.25:vs ウェスト・ハム(A)1-2×
今回はウェスト・ハムが素晴らしかった
すごく頑張っているというのが見えたが
まさか2得点されるとは
シティにチャンスはあったが全員でゴールを守られた感じ

  • ハート
  • ザバレタ、コンパニー、マンガラ、クリシー
  • フェルナンド、ヤヤ・トゥーレ、ナバス、シルバ
  • ジェコ、アグエロ
  • 77:シルバ
  • 59:ジェコ >>> 78:ヨヴェティッチ、クリシー >>> コラロフ、78:フェルナンド >>> ミルナー
  • カバジェロ、デミチェリス、サニャ、フェルナンド

先制したのはウェスト・ハム。21分、ソングが出したスルーパスをペナルティーエリア右でバレンシアが折り返すと、グラウンダーのボールをフリーのアマルフィタノが押し込んで1ー0とする。その後も、押し込む時間はシティの方が長いものの、ゴール前に侵入する機会は少ない。決定機の数ではウェスト・ハムが上回る形で前半を終えた。追いかけるシティは59分に動く。ゼコを下げてヨベティッチを投入し、前線の動きがより活発に。チャンスが続く時間帯となり、72分にはサコーがシュートを枠外に外す幸運もあった。シティの同点弾が近づいているようにも思われた。だが、次のゴールもウェスト・ハムだった。75分、左からのクロスにサコーがファーでヘッド。GKハートがかき出したが、その前のゴールラインを割っていたため、2点差になる。サコーは6試合連続のゴールだ。だが、シティは諦めない。77分、ダビド・シルバが右サイドからドリブルでスライドして中へ運ぶと、自ら左足でシュートを放ち、ゴール左隅に決めた。辛うじて望みをつないだシティは、ミルナーとコラロフを投入して前を目指す。終盤はシティが押し込み続けたが、ウェスト・ハムの集中が切れず、気持ちのこもった守備で対応。ウェスト・ハムが逃げ切りに成功した。(Goal)

本拠地アップトン・パーク(Upton Park)でウェストハムは、モルガン・アマルフィタノ(Morgan Amalfitano)のゴールで前半に先制すると、後半30分には今夏の移籍市場でフランス・リーグ1のメッス(FC Metz)から450万ポンド(約8億円)で獲得したサコがヘディングで追加点を挙げた。26日にマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)との対戦を控えているチェルシーに勝ち点5差をつけられているシティは、後半32分にダビド・シルバ(David Silva)のゴールで1点差に詰め寄ったものの、同点に追いつくことはできず、ウェストハムが4位の座を固めている。(AFPBB News)

ペジェグリーニ

ウェスト・ハムが良くやったということを忘れてはいけない。彼らは今日、とても良かった。前半は高いインテンシティーで我々がボールを動かすのを難しくした。ただ、私は後半に疲れが出るかもしれないと思っていたよ。ラスト30分は決定機が3、4つあったと思う。だが、それらを決めることができなかった。つくったチャンスを最大限に生かせなかった。前半は我々の普段の激しさでプレーできなかった。ただ、繰り返しになるが、ウェスト・ハムがとても良いプレーをしていたんだ(Goal)

今日のウェストハムのプレーはとても素晴らしいもので、評価が高い。前半、我々がボールを運ぶことはできたが、ウェストハムはとても強かった。今回の試合は最後の30分間に、3、4回のチャンスがあったが、モノにすることはできなかった。最大限にチャンスを活用しなければならない。我々には前半に通常のような強さがなかったので、後ほど分析する。しかし、ウェストハムは敬意を払うほど素晴らしかった」と、最後まで相手への称賛を口にした。(SOCCER KING)

アラダイス監督

我々は信じられないパフォーマンスを見せた。私にとっては大きいものだよ。この勝利は運で勝ったのではない。我々は目立ったチャンスを作っていた(SOCCER KING)

モウリーニョも喜ぶ・・・

昨シーズン王者のマンチェスター・Cを撃破した、ウェストハムのアラダイス監督のもとには、多くの祝福と賞賛の言葉が寄せられている。その中にはモウリーニョ監督からのメッセージも含まれているという。アラダイス監督は「ジョゼは私にショートメールで『よくやった!大将!』というメッセージをくれたよ。この勝利が我々にとってではなく、彼にとってどれだけ大きかったかを示しているね」と語り、チェルシーにとっても大きな勝利になったことを予想した。モウリーニョ監督は、昨シーズンの1月に行われたチェルシー対ウェストハム戦の試合後、アラダイス監督の戦術を「19世紀のフットボール」などと表現し、批判していた。しかし今回は一転して友好的な姿勢を見せた。これについてアラダイス監督は「彼はマンチェスター・U(のホーム)へ行き、彼のチームがベストを尽くして勝利すれば、今よりさらに差が広がることをわかっているからね。でもこの勝利は彼のためではなく、我々とウェストハムに関わるみんなのものだ。たとえ彼らがマンチェスター・Uに勝利して、利益を得たとしてもね」と語り、ウェストハムはチェルシーのために戦ったわけではないと主張している。(SOCCER KING)

update: 2014年10月26日10:39 pm