アグエロ、シティの歴史の一部になることができて幸せ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2014/10/20
アグエロ、シティの歴史の一部になることができて幸せ

出れば絶対やってくれるアグエロ
シティの最多得点者となった
今後もがんがんやっていくとコメント

アグエロは18日に行われたプレミアリーグ第8節のトッテナム戦で4ゴールを記録。マンチェスター・Cでのプレミアリーグにおけるゴール数を61とし、同クラブ最多得点者となった。現在はユヴェントスでプレーする元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが持っていた58ゴールの記録を抜いたことについて、アグエロは「クラブの歴史の一部になることができて満足している。これからもゴールを挙げ続けたい」と喜んだ。その一方で、同選手は「最も重要なのは僕のゴールでチームが勝利したこと。自分のパフォーマンスには満足しているけれど、勝ち点3を手にしたことが一番大切だ」と述べていた。(SOCCER KING)

18日に行われたプレミアリーグ第8節トッテナム戦で、アグエロは4-1で勝利したチームの全得点を記録。今季のゴール数を9とし、チェルシーFWジエゴ・コスタに並んでリーグの得点ランク首位タイに立った。一方で、シティでのプレミアリーグ通算得点はこれで61点。カルロス・テベスが記録していた58点を上回り、クラブ歴代最多となった。記録を喜ぶストライカーのコメントを、イギリスメディアが伝えている。「このクラブの歴史の一部になることができてすごく幸せだ。今後もゴールを決め続けることができるように願っているよ」「でも、何よりも大事なのは、シティが僕のゴールで試合に勝てることだ。自分のパフォーマンスにはすごく満足できたけど、一番重要なのはチームが勝ち点3を獲得したことなんだ」(Goal)

update: 2014年10月20日11:17 pm