10.21:CSKAモスクワ(A) | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2014/10/22
10.21:CSKAモスクワ(A)

10.21:CSKAモスクワ(A)2-2

  • ハート
  • ザバレタ、コンパニー、マンガラ、コラロフ
  • フェルナンド、ヤヤ・トゥーレ、ミルナー、シルバ
  • ジェコ、アグエロ
  • 29:アグエロ、38:ミルナー
  • 72:ジェコ >>> ナバス、78:シルバ >>> フェルナンジーニョ、86:フェルナンド >>> ヨヴェティッチ
  • カバレロ、クリシー、サニャ、デミチェリス

これがチャンピオンズリーグなのか
前回は結構行けたが今回
シティとバイエルンが抜けていると思っていた
しかし前半で2点入れたのに最後にドローに持ち込まれる
もう後が無い、見ていても余裕で勝つと思っていたが難しい
そしてCSKAには無観客試合など無い
バイエルンの時もお客さん?がいたし
まあとにかく残り3試合全勝しなくては
ペジェグリーニ

前半に2点をリードしたシティだったが、後半に追いつかれて勝ち点1の獲得にとどまった。これでシティは3戦を終えて2分け1敗。グループステージ突破の一つの目安とされる勝ち点10を獲得するためには、残り3試合で全勝するしかなくなった。試合後、これで敗退かと問われたペジェグリーニ監督は、次のように答えている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。「なぜだ? 我々はこれから勝ち点9のために戦う。残り9ポイントのために戦った後で分かることだ」さらに指揮官は、突破できると確信しているかと問われると「もちろんだ」と答えている。CSKA戦については、勝利を決めきれなかったことに問題があると見ている。「サッカーは95分間ある。前半で終わりではない。我々はとても良いプレーをしていた。2点を挙げて、そのほかにも決定機が2、3あったね。しかし、それを決めることができなかった。相手はスペースを与えたら危険なチームだ」(Goal)

もちろん、みんなひどくがっかりしている。2点をリードしていたのに、後半に巻き返されて同点にされた。試合終了まで、気持ちを切らしてはいけなかった。前半はとても良かったが、試合は95分あるんだ。ここまで非常に重要な勝ち点を落としているが、あと9ポイント取れるし、決勝トーナメント進出のチャンスはまだ十分にあると信じている(AFPBB News)

無観客試合の件

今季のCL第1節ASローマ戦でCSKAのサポーターが行った人種差別的行為に対する措置で、無観客試合となったにも関わらず、スタンドにはCSKAサポーターの姿が。さらには、試合中に大きなチャントが響き渡っていた。実際、スポンサー関連やメディアの人間などに向けたチケットの手配はされており、計650人ほどがスタジアムに入っていたという。それでも、当然ながらファンの入場は認められていない。これ受け、UEFAは調査に乗り出すようだと、試合後『スカイ』が報じている。CSKAモスクワのメディア・デイレクターのセルゲイ・アクセノフは、「彼らはCL出場クラブのパートナー企業やスポンサー関連の360人だ。彼らがCSKAのファンだったのなら、私たちとっては良いことだ。UEFAからの招待であって、CSKAは何もしていない」と話している。CSKAのレオニド・スルツキ監督は、無観客試合に現れたサポーターについてロシアメディアから問われると、「私にはわからない」と拍手を送っていた。(フットボールチャンネル)

2-2の引き分けに終わったマンチェスターC戦は、無観客試合のはずがCSKAモスクワのサポーターと思われる約650人が観戦。試合開始と同時に応援を始めたという。CSKAモスクワの広報はUEFAが配布したチケットだと主張。サポーターと思われる人物については「彼らはスポンサーやパートナーでUEFAから招待されている。クラブからではない」とコメントしている。一方で、UEFAはこの件に関して声明を発表していない。この試合のチケットは、欧州サッカー連盟(UEFA)がスポンサー用に300枚。各クラブの関係者にそれぞれ75枚。試合前のセレモニーに参加する子どもたちと両親らに50枚と、メディア用に150枚を配布しているという。(日刊スポーツ)

これにはコンパニーも怒る

大したことではないけど、ファンは一切入れないことになっていたのに、500人ほどのファンがいた。それは問題じゃない。でも理解できないのは、僕らのファンがどこにいたかだ。なぜ僕らはファンを連れてくることができなかったんだ?損をしたチームはマンチェスター・シティだけだ。小さなことでも、声を上げなければならないと感じることもある。人種差別で罰せられたのは彼らのチームであって、シティじゃないはずだ(Goal)

update: 2014年10月22日11:43 pm