マンチーニ劇場、その後 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2014/10/08
マンチーニ劇場、その後

シティにはマンチーニ劇場とバッド・バロという
2大エンターテインメントがあった
今では2人ともシティにはいないし別々の場所にいる
しかし師弟関係は続いているようで誕生日には祝福のメッセージも
バロとのはプレミアでぶつかるがマンチーニとはどこでぶつかるのか?

マンチーニ氏は、2009年から13年までシティで指導を務めた。元教え子に対して、次のように激励メッセージを送っている。「マリオは好青年だ。しかし、彼は今回がピッチ上で自分自身の本当の実力を示すラストチャンスだということを自覚しなければいけない」「私は彼に誕生日の祝福メッセージを送ったよ。だが、バロテッリを救えるのはバロテッリだけだ。私は彼がそれを自覚して、改善してくれることを願っているよ」マンチーニ氏は、今季のプレミアリーグでマンチェスター・ユナイテッドが優勝争いをするのは困難だとの見解を示している。一方、シティを率いていた頃には後悔もあった様子だ。「チェルシーかシティだろう。ユナイテッド? ノーだ。彼らも含め、チェルシーとシティ以外のチームには何もできないだろう」「(ロビン・)ファン・ペルシが2012年にシティに加入していれば、あの年は我々がプレミアで優勝していたはずだ。だが、彼はユナイテッドに行った。我々はほとんど契約を完了させていたんだ。今でも理解できないよ」(Goal)

update: 2014年10月8日1:20 pm