サニャ、僕の人生でチャンスが必要からシティ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2014/08/16
サニャ、僕の人生でチャンスが必要からシティ

アーセナルからの獲得で
またもカネだなんだと言われるがプロなんだから全く問題なし
「人生でチャンスが必要」だからシティ
これでまたアーセナル戦が楽しみ

「僕にとってこの移籍は正しかったと思う。僕の人生でチャンスが必要だったんだ。チームに選ばれるには本当にハードに戦い、練習しなければならない。挑戦をしたかったんだ」「とても感情的だった。簡単な移籍ではなかったよ。だが僕にとってこれは個人的な選択で正しいタイミングだった」「何が起きようと、ここに来ることは分かっていた。シーズンの初めにはもう心を決めていたよ」また、マンチェスター・Cへの移籍で約6万ポンド(約1025万円)の週給を得ることとなり、またもアーセナルファンから「お金のための移籍だ」との批判もあるが、同選手はその批判を否定した。「お金のことではない。6年も同じ契約を続けた選手がヨーロッパにいると思うかい?僕は何も要求したことはないよ」また、アーセナルからマンチェスター・Cへ移籍していった選手たちが批判を受けてきたように、自身も同様の批判を受けたことについては、それは一部のファンのことだと冷静に語っている。「ソーシャルネットワークのコメントを読むのは簡単なことではない。(批判などは)少人数で、全てのアーセナルファンが言っているのではないのは知っている。だが僕は(アーセナルに)全てを捧げていたと感じているけどね」(SOCCER KING)

サニャは昨シーズン終了をもってアーセナルを退団し、シティと契約した。2007年から所属したアーセナルはサニャの契約延長を願っていたが、選手が新天地へ行くことを決断している。サニャのコメントをイギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。「正しい移籍だと思う。僕は変化を必要としていた。自分自身でチャレンジする必要があったんだ。チームに入るため、一生懸命練習して戦わなければいけないと分かっている。何が起きてもやらなければいけないことだった。シーズンが始まるときに決めていたことだ」「お金は関係ないね。同じ条件で6年間同じクラブにいる選手が、ヨーロッパにいるだろうか? それは僕がやったことだ。僕から要求したことはないよ。SNS上のコメントを読むのは簡単なことではない。それは一部の限られたアーセナルファンだと分かっている。ただ、僕はすべてを出し尽くしたと感じているんだ」(Goal)

update: 2014年8月16日11:36 pm