マンチーニのコネでヴィエラ獲得か | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2010/01/09
マンチーニのコネでヴィエラ獲得か

マンチーニはまだ誰も連れてこないが
いよいよ連れてくる第1弾がヴィエラか?

英紙『ザ・タイムズ』は5日、マンチェスター・シティ(マンC)がフランス人MFパトリック・ビエイラ獲得に向けてインテルと交渉中であると伝えた。現在33歳のビエイラは、ジョゼ・モリーニョ監督率いるインテルでは出場機会に恵まれていない。かつてインテルの指揮官を務めていたロベルト・マンチーニ監督が指揮するマンCで、プレミアリーグの舞台に復帰することになるかもしれない。(スポーツナビ)

Goal.com UK版が得た情報によると、インテルMFパトリック・ヴィエラは1月のマーケットでマンチェスター・シティへ移籍する可能性が高いようだ。クラブに近い関係者が、99%の確率で1月の移籍が実現するだろうとの見込みを明かしている。南アフリカでのワールドカップ出場を目指し、ヴィエラがインテルからコンスタントな出場機会を得られるクラブへの移籍を考えているという話は、以前から伝えられている。イギリスのメディアも、インテルで一緒に戦ったロベルト・マンチーニ監督とシティで再会する可能性を報じたばかりだ。ただし、インテルのジョゼ・モウリーニョ監督は先日、ヴィエラの放出はないと話している。今後、進展があるのだろうか…?(Goal)

update: 2010年1月9日10:28 am