パリに行くのか、どうするヤヤ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2014/05/29
パリに行くのか、どうするヤヤ

誕生日を祝わなかったことがそこまで辛いのか
そのためにシティからパリに移るのか。
もし本当の理由がそうだったら笑うしかない
しかしさすが代理人、細かくねちねちやるなあ

MFヤヤ・トゥーレ(31)=マンチェスターC=が、移籍先としてフランス・リーグ王者のパリSGに興味を示した。28日付英各紙が報じた。フランスの雑誌の取材に「(移籍の)対象として考えれば、パリSGのようなクラブに興味を抱かないわけにはいかない。所属できれば非常に光栄だ」と話した。Y・トゥーレはマンCの同僚に自分の誕生日を無視され、ひどい扱いを受けたとして代理人を通じて退団をほのめかしていた。(スポーツ報知)

しかし、それはパリに行きたいと言ったわけでは無いとコメント

シティからの移籍を検討していることを示唆し、PSGが獲得に関心を示しているとの噂が持ち上がったY・トゥーレ。先日はPSGに関して「これだけのクラブの一員になれたら名誉なことだ」との発言が伝えられ、PSG移籍に向けた憶測が加速していた。だが、Y・トゥーレはあくまでもPSGへの敬意を示しただけであり、移籍の意志を表すものではなかったと主張している。フランス『RFI』が同選手のコメントを伝えた。「この機会に、状況を整理しておきたい。とても大事なことだ。僕はただ、欲しがってもらえる選手になるのは素晴らしいことで、PSGでプレーするのは名誉なことだと言っただけだ」「メディアは僕が言ったことを文脈の中から抜き出した。今のところ、何も計画していることはない。あまりにも色々なことが言われてうんざりしている」(Goal)

update: 2014年5月29日10:26 pm