ヤヤ・トゥーレ、誕生日忘れられたから退団考える | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2014/05/21
ヤヤ・トゥーレ、誕生日忘れられたから退団考える

ヤヤ・トゥーレがみんなが誕生日を祝わなかったからショックを受けているらしい
かなり動揺して傷ついた、と
そんなのならシティ退団も考える
もし本気で誕生日祝ってくれないから年俸を下げてバルサへという気持ちがあるなら
行けばいいんじゃないか、そんな気持ちでシティにいられても
さらに優勝とかは彼1人のものではない、重要な動きはしたが
他の選手も重要な動きをしたからだ
どうせ代理人の駆け引きだろうが誕生日忘れてすねるってすごいとこついてきた

イギリス『サン』は、クラブがY・トゥーレの誕生日をまったく祝う様子を見せなかったことが同選手を深く傷つけたという代理人のディミトリー・セルク氏の言葉を伝えている。プレミアリーグ優勝決定直後にアブダビへ遠征したシティは、Y・トゥーレの誕生日である5月13日に盛大なパーティを催しながらも、誕生日には何の言及もしなかったとのことだ。「ヤヤは非常に動転しており、シティを去ることも考えている。色々なことが起こった結果として、ヤヤはひどくショックを受けている。彼は今ワールドカップに集中しなければならないが、シティは敬意を欠いた形で彼を扱い、深く傷つけた。誕生日に起こったことは、クラブが彼のことを気にかけていないということだ」「忘れていた? プレミアリーグ2回の優勝を助けた選手を? FAカップとリーグカップの優勝を助けた選手を? 5月11日にタイトルを勝ち取り、翌日アブダビへ行って13日に大きなパーティでタイトルを祝ったが、誰もヤヤのところへ来て『ハッピーバースデー』とは言わなかったんだ。彼らはヤヤにまったく注意を払っていない」金銭面での要求をする意図があるわけではなく、敬意を求めたいとセルク氏は主張している。「ヤヤは十分にリッチだし、私も十分にリッチだ。我々にとって最も重要なのは人間関係だが、彼らは金で人間関係が買えないということを知らない。金や新たな契約の問題ではない。実際、彼はバルセロナに戻るためなら年俸を下げても構わないだろう」(Goal)

同紙は、13日に開催されたクラブ主催のプレミアリーグ優勝祝賀イベントで、同日に31歳となったヤヤ・トゥーレが誕生日を祝われなかったと報道。セルク氏は、「彼の誕生日を、通常の日として扱うことはあり得るし、普通のクラブであれば、少なくともチームメートやクラブは、祝福の言葉をかけるだろう」と、話したうえで、「しかし、11日にリーグタイトルを獲得して、13日にアブダビへ移動して大きなパーティーが行われた時に、『誕生日おめでとう』と、誰もヤヤに言いに来なかったんだ。2回のリーグチャンピオンズに貢献したヤヤを忘れていた?FAカップとリーグカップを制覇した時にもチームを助けた男を?」と、コメントしたと伝えられている。さらにセルク氏は、「ヤヤは非常に動揺していて、シティを離れることを考えている。今はワールドカップに集中しなければいけないが、シティの彼への扱いは敬意を欠いたもので、そのことにヤヤは傷ついているんだ」と、コメント。「彼らは、関係を金で買えないということを知らないんだ。これは金や契約の話ではない。人間関係に関する話だ。彼らは敬意を欠いている。繰り返しになるが、金の話ではない」と、強調したうえで、「彼はバルセロナへの復帰も視野に入れるだろう」と、移籍の可能性にも言及した。(SOCCER KING)

代理人ともなれば、クライアントである選手(と自分)のためにいろいろな手段を講じる者が出てくるものだ。高額を稼げる選手ともなれば、なおさらである。シーズン終了は、来季へのスタートでもある。プレミアリーグ優勝を果たしたばかりのマンチェスター・シティで、早くもきな臭いにおいが漂い始めた。煙の元は、MFヤヤ・トゥーレの代理人だ。このコートジボワール代表MFのエージェントを務めるディミトリ・セルク氏がイギリス『ザ・サン』に語った怒り(?)のコメントを、『ザ・ガーディアン』などイギリスメディアが報じている。4年契約を結んだ昨年の同じ時期にも不平を連ねた同氏は、今回もクラブへの不満を口にした。いわく、選手の誕生日を忘れるなどトンデモナイ、ということだ。Y・トゥーレは今月13日、31歳の誕生日を迎えた。クラブがドバイで優勝記念パーティーを開いている裏で、誕生日を忘れられたトゥーレは悲しい思いをしていたと、セルク氏は語る。「普通のチームなら、チームメイトとクラブは少なくとも、お祝いを伝えるだろう。だがタイトルを勝ち取った2日後に大きな祝勝パーティーがあり、誰もヤヤに誕生日おめでとうと言いに来ないんて。これ以上のことなんて、求めないだろう?」「誕生日の出来事は、クラブが彼を気にかけていないという証拠だ。彼らは自分が言いたいことを、何でも言える。『彼のことが好きだけれど、忘れていたんだよ』とかね。忘れた? ヤヤのことなのに? プレミアリーグ王者に2度なる手助けをした選手なのに? FAカップとリーグ・カップを勝ち取る助けとなったヤツなのに?」「カネで人間関係を変えないということを、彼らは分かっていない。(オーナーの)シェイク(・マンスール)でさえも、人間関係は買えないんだ。カネとか新契約だとかいう話ではない。人間関係のことなんだ。シティは自分たちが彼をリスペクトしていないということを示した。繰り返すが、これはカネの話ではない。実際に、バルセロナに戻っても受け取る額は減るだろうからね」(theWORLD)

13日に31歳の誕生日を迎えたY・トゥーレ。代理人のディミティリ・セルク氏よれば、クラブからは同選手にバースデーケーキが用意されたものの、アブダビで行なわれたポストシーズンパーティの場で、首脳陣から直接お祝いの言葉をかけられることはなかったという。セルク氏は英『BBC Sport』に対し「たしかにケーキは用意されていた。ただ、(元ブラジル代表の)ロベルト・カルロスはアンジ・マハチカラ(ロシア)に所属していた際、誕生日にはクラブの会長から(高級車の)ブガッティをプレゼントされた。シティもヤヤにブガッティをプレゼントするべきだったと言うつもりはない。我々が望んでいたのは握手とお祝いの言葉だけだ。それがやるべき最低限のことだし、全選手がその場にいたんだ」と、クラブの対応を非難した。同氏はまた「もちろんヤヤはこの件に失望している。誕生日なのに首脳陣は誰も声をかけず、握手を求めてこなかったのだから気分は良くないだろう。最も重要なのは人間関係だ。今回のことでヤヤもそれが分かっただろう。もしシティが彼をリスペクトしないのであれば、簡単なことだ。ヤヤはクラブを去る。何も問題ない」とコメント。今季マンCのリーグ制覇の原動力となったY・トゥーレだが、この件をきっかけにマンCから退団することもあり得るとコメントした。一方のY・トゥーレ本人は20日、ツイッター上で「今日は沢山の誕生日メッセージをありがとう。シティからのカードがついさっき届いたよ…ポストに入れ忘れたに違いない。ハハッ」と、ジョークを飛ばしつつ、「ジョークはさておき、僕の口から出たものでないコメントを深く受け止めないでほしい。僕のことはクラブでのパフ
ォーマンスで判断してほしい」と綴った一方で、「ディミトリー(セルク氏)が言ったことはすべては真実だ。彼は僕の気持ちを代弁してくれている。W杯が終わったら説明のためインタビューを受けるつもりだ」と、マンCの対応に不満を持ったのは事実だとコメントしている。(ISM)

ヤヤ・トゥーレの代理人は20日、クラブが同選手に対して敬意を払っていないと非難し、移籍をほのめかした。代理人によると、マンC首脳陣がトゥーレの31歳の誕生日にケーキだけ用意して祝いの言葉を一切かけなかったことに対し、トゥーレが落胆しているという。そして代理人は英BBCに「最も大事なのは人間関係だ。もしシティーが彼をリスペクトしていないのなら話は簡単だ。ヤヤはクラブを去る。それで問題ないだろう」と話し、移籍も辞さないという態度を見せた。トゥーレ本人はツイッターで「私が直接話していない言葉を真に受けないでほしい。クラブへの思いは私のパフォーマンスから判断してほしい」とコメント。しかし、一方では「代理人が話したことは全て真実だ。ワールドカップ(W杯)が終わったら説明する」と話し、クラブの態度に不満があったことを認めた。(ロイター)

update: 2014年5月21日11:25 pm