いよいよバルサ戦 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2014/03/12
いよいよバルサ戦

1stレグを0-2で落としてしまったシティ
結構厳しい状況だが今度はアグエロがいる
最強バイエルンにも黒星を付けた
今度はバルサに黒星を付け次のステージへ

ペジェグリーニ

我々には勝利する責任があるんだ。まずはキャピタル・ワン・カップのタイトルを獲得した。これからはCLとリーグ戦に向けて戦っていく必要がある。シーズンが終わるまで、まだ多くの試合が残されている。まずはバルサ戦での勝利を狙うよ。その後は、未消化となっている3試合で勝利し首位を目指す。我々は良いリアクションを見せなければならない。(準々決勝進出する)可能性を残しているんだ。素晴らしい試合をして結果を見守るだけだよ。勝利は常に自信を与えてくれる。バルサのようなチームとの対戦で、チームはポジティブな刺激を受けることになるだろう(Goal)

コンパニー

僕にとって対戦相手を研究することは、F1レーサーが走るコースを分析するようなものだよ。可能な限りアドバンテージを得ることは、常に良いことだと思っている。今シーズンのCLは、クラブにとって3回目の挑戦だ。だけど、クラブの文化はまだ始まったばかり。現在の学ぶプロセスを経て、未来には追い風が吹くと信じているよ。僕たちは今、望んでいた場所にいるからね。バルセロナは素晴らしいチームだから、常に特別な名前が挙げられる。だけど、実際はどの選手も脅威になり得るんだ。僕たちは、メッシやネイマールではなく、バルセロナと対峙するということを強く自覚しなければいけない。どこからゴールを奪ってもおかしくない。でも、それは僕たちにも言えることだ(Goal)

ハート

まだこの戦いは終わっていない。僕達はこの試合に入る前に、今シーズンチームが成し遂げた数々の記録を思い出して、僕達のポテンシャルを見せ付ける覚悟がいる。ポジティブなパフォーマンスが鍵を握るんだ。結果を得ることができれば最高だけど、僕達はピッチに出て、バルセロナのようなチーム相手にどこまで戦えるのかを見せなければならない。僕達は12月にアウェーでバイエルン・ミュンヘンに勝利し、何ができるかを証明できた。タフな試合になると分かっているけど、不可能ではない。ファーストレグとの試合では、互角に戦えていたと思っている。彼らを押さえ込んでいたと思っていたし、反撃の準備もできていた。でも、このようなビッグゲームでは時々予想できないことも起きるし、その時にバルセロナのようなチームに隙を見せると、やられてしまうんだ(公式サイト)

4年前アーセナルでバルサと戦ったナスリ

いい思い出ではないね。でも、あのときのバルサの方が、今のバルサより強かったと思う。当時のメッシは誰も止められなかった。そんな相手と対戦していたんだよ。彼は4ゴールを決めた。今回はそうならないことを願っている。(Goal)

イニエスタ

彼らは優れた選手を擁する強いチームだけど、バルサが相手なので相当苦しめられると分かっていた。それで、彼らは攻守の適切なバランスを選択せざるを得なかったんだ。タクティカルな戦いだ。彼らは今回、より攻撃を仕掛けなければならない。僕らはそこを上手く突きたい。相手の攻撃で空いたスペースを最大限活かしたい。エル・クン(アグエロの愛称)はとても高いレベルのプレーを見せるし、彼らにとって重要な選手だ。でも、相手に悩まされることのないよう、僕らは彼らにできるだけチャンスを与えないようにしたい。難しい戦いだし、いい結果を1つ手にしているとはいえ、次のラウンドに進出するには十分準備をし、もう一度成功を収めなくてはならない(ISM)

バルデス

このラウンドはまだ決まっていない。2-0は良いスコアだけれど決定的ではない。シティには素晴らしいタレントがいるから、なおさらだよ。それに、次の試合ではアグエロが戻ってくる。アグエロはアトレティコ・マドリー時代に僕から何度かゴールを奪っている。スペクタクルな選手だ。素早くシュートを打ってくるし、ゴール前の動きはインテリジェンスに溢れている。シティは素晴らしいメンバーを擁している。僕たちは苦しむだろう(Goal)

シティ獲得の噂もありプレミアについてのコメント

相手のGKに対して拍手を送るような伝統があるね。それはスペインとは異なるサッカー文化だ。僕はそういうことに存在意義を感じることができる(Goal)

マスチェラーノ

僕たちは今、何かすごいことをできるチャンスを迎えている。だからこそ、アクセルを踏み込んで、全力を尽くすべき時なんだ。このチームは今までに多くの成果を手にしてきた。まったく別のチームになったわけではないし、自分たちがこれまでと変わらないことを証明したい。それが僕たちにとってのチャレンジだ(SOCCER KING)

僕たちはシティが攻撃に全力を注いでくると考えている。彼らは普段からそうしているが、第1戦の結果を受け、これまで以上に力を入れる必要がある。セルヒオは僕がよく知っている選手だし、僕のなかでは世界最高のストライカーの一人だ。スペースを与えれば恐ろしい選手になる。だから僕らはスペースを与えず、彼に思い通りのプレーをさせないようにしなければならない(AFP=時事)

セスク

試合をうまくコントロールしなければいけない。攻撃に出たり守備に回ったりということが繰り返されるような展開にしてはならない。そういう展開では、彼らの方に分がある。ボールを保持して、試合をコントロールする。チャンスをつくりながら、しっかりフィニッシュで終わる。それができれば、彼らにカウンターを許さないからね。ほぼ完璧な試合をしないといけない。彼らには偉大な選手がいる。ダビド・シルバは見事なパサーだし、ヘスス・ナバスは素晴らしいウィングだ。ヤヤ・トゥーレもバルセロナでプレーしていたので、僕たちに勝利するモチベーションがあるだろう。きちんと分析しないといけない。だけど、僕は自分たちのチームが突破できると信じている(Goal)

バルセロナでプレーする選手なら、毎年全ての栄冠を狙うものだ。個々に集まる選手たちや、このクラブが世界のレベルで体現しているものを考えれば、そうなるよね。全タイトルを掴み取るために戦う義務を感じている。それは、バルセロナでプレーしていれば、すぐに頭に叩き込まれることだ。毎年成功を収めるチャンスだってある。(チャンピオンズリーグは)僕がまだ優勝を経験していない唯一の大会だ。サッカーの世界で、ここだけが欠けているんだ(SOCCER KING)

update: 2014年3月12日12:50 pm