ペジェグリーニ処分2試合ベンチ入りできず | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2014/03/01
ペジェグリーニ処分2試合ベンチ入りできず

バルセロナ戦で言い過ぎてしまったペジェグリーニ
2試合のベンチ入りを禁止される
まいったなバルセロナに0-2でやられなんとか
逆転したいときに出場停止、厳しい

ペジェグリーニ監督は、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのバルセロナ戦を0ー2で落とした後、判定やUEFAの審判選考に対して不満を述べていた。UEFAはこの発言を問題視し、調査をしていたところである。UEFAはペジェグリーニ監督に2試合のベンチ入り禁止を命じた。さらに2年間の執行猶予つきでベンチ入り禁止が1試合追加となる。ペジェグリーニ監督は試合後の発言をのちに謝罪していたが、バルセロナとのセカンドレグではベンチに入ることができない。(Goal)

ペジェグリーニ監督は、2月18日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのバルセロナ戦で、メディアに対する発言内容が2013年度のUEFA規律規則第11条、一般行動規範に違反。処分が下されることとなった。ペジェグリーニ監督は、3月12日に行われる決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、バルセロナ戦でのベンチ入りが禁じられる。試合をスタンドから観戦することは許されるが、試合前および試合中に、ドレッシングルームや入退場トンネル、テクニカルエリアへの立ち入りを禁じられるほか、試合中に選手やテクニカルスタッフとコンタクトすることもできない。なお、UEFA規律規則により、マンチェスター・Cが本処分に対して異議申し立てを行うことは可能となっている。(SOCCER KING)

欧州サッカー連盟(UEFA)の規律委員会は28日、マンチェスター・シティのマヌエル・ペジェグリーニ監督に3試合のベンチ入り停止処分を下した。そのうちの1試合は2年間の執行猶予期間が与えられている。ペジェグリーニ監督は17日の欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦・バルセロナ戦(0-2)後、DFマルティン・デミチェリスが退場となり、PKを取られた判定に異議を唱えるなど審判団を批判し、後日、謝罪の言葉を述べていた。今回の処分により、3月12日に行われるホームでの第2戦はベンチに入ることができなくなった。(ゲキサカ)

UEFA(欧州サッカー連盟)は現地時間2月28日(以下現地時間)、18日に行なわれたチャンピオンズリーグ(以下CL)のバルセロナ(スペイン)戦で、主審を批判したマンチェスターC(イングランド)のマヌエル・ペリェグリーニ監督に対し、行動規範を犯したとして、3試合のベンチ入り禁止処分(うち1試合は2年の執行猶予つき)を科した。ロイター通信が報じている。これにより、ペリェグリーニ監督は3月12日に行なわれるバルサとのセカンドレグに加え、ベスト8に勝ち上がっても次の試合でベンチに入ることができなくなった。試合当日はドレッシングルーム入室など選手および技術スタッフとの接触は禁じられ、スタンドでの観戦のみが許されることになる。UEFAは公式HP上で、ペリェグリーニ監督側はこの決定に対し異議申し立てを行なうことができると述べている。(ISM)

update: 2014年3月1日3:13 pm