ナスリ怪我で8週間欠場 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2014/01/15
ナスリ怪我で8週間欠場

ナスリがヤンガエムビワからくらったタックルで8週間の怪我
ナスリ自身はもっとやばいと思っていたのか
このくらいで良かったとコメント

2?0で勝利した12日のニューカッスル戦でタックルを受けた際に負傷したという。W杯ブラジル大会でのプレーを切望するナスリは、自らのツイッターに「温かい言葉とサポートをみんなに感謝します。8週間の戦線離脱というのは良いニュースだと思う」と、より深刻なケガを予想していたことを示唆した。(日刊スポーツ)

マンチェスターC(イングランド)のフランス代表MFサミル・ナスリは現地時間13日(以下現地時間)、ひざの負傷により約8週間の離脱となることを明かした。同選手は6月に迫ったW杯までに回復できる負傷であったことに安堵している。ロイター通信が報じた。ナスリは12日のニューカッスル(イングランド)戦で、DFマプ・ヤンガンビワのタックルを受け負傷。ひざに深刻なダメージを受け途中交代を余儀なくされていた。マンCのマヌエル・ペリェグリーニ監督はニューカッスル戦後、ナスリが内側じん帯を痛めたと考え、ヤンガンビワに対しレッドカードが提示されなかったことに怒りをあらわにしていた。(ISM)

ナスリは、12日に行われたプレミアリーグ第21節のニューカッスル戦で、フランス代表DFマプ・ヤンガ・ムビワの激しいタックルを受けて左ひざを負傷。担架で運び出され、途中交代を余儀なくされていた。マンチェスター・Cのマヌエル・ペジェグリーニ監督がナスリについて、「深刻なけがだと思う」と語るなど、長期離脱が予想されていたが、同選手は自身のツイッターで「8週間ほどの離脱」になることを明かし、「グッドニュースだと思う」とコメント。予想されていたほどの重傷ではなかったと語った。ナスリは今シーズン、リーグ戦全21試合に出場し、4得点を記録している。(SOCCER KING)

ヤンガエムビワ

ヤンガエムビワはナスリに申し訳なく思っているようだが、まだ直接謝罪することはできていないという。フランス『レキップ』が、ヤンガエムビワのコメントを伝えた。「彼に会うためにロッカールームの前で待っていたけど、彼は処置を受けていた。それから、彼の電話番号をもらって、何度か電話をかけたんだけど、出てくれていない。メッセージを残して、月曜日にまたかけてみたけど、やっぱり話すことはできなかった。個人的に謝罪したいから、また電話をかけるつもりだ」ワールドカップ(W杯)に影響があるほどの離脱にならないことは、ケガをさせたヤンガエムビワにとっても不幸中の幸いだった。「2カ月の離脱と聞いて安心した。ひざのじん帯を断裂してW杯出場も微妙かもしれないと聞いたときは、本当にどうしようかと思った」(Goal)

update: 2014年1月15日11:48 pm