最後はデミチェリス獲得 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2013/09/02
最後はデミチェリス獲得

フェルナンジーニョから始まり
中盤、前線といい補強ができペジェグリーニも満足であろう戦力
そして守備にペジェグリーニを知っているデミチェリス獲得
バイエルンでも活躍しいざとなればボランチもできる最高の補強

デミチェリスは以前からシティ移籍が取りざたされていた。アトレティコ・マドリーがアヤックスからDFトビー・アンデルヴァイレルトを獲得することが確実になり、デミチェリスのシティ移籍も決まっている。シティの公式サイトでデミチェリスは、「まだ僕は成功に飢えているし、もっと向上したい。だから、シティに加わることができてうれしい」と移籍を喜んだ。(Goal)

マンチェスターC(イングランド)は現地時間1日、アトレティコ・マドリー(スペイン)から元アルゼンチン代表DFマルティン・デミチェリス(32)を2年契約で獲得したことを発表した。ロイター通信が報じている。かつてバイエルン(ドイツ)でもプレーしたデミチェリスは、昨季限りでマラガと契約満了となり、7月にアトレティコ・マドリー(以上スペイン)と1年契約を結んだばかりだった。同選手の移籍金についてマンCは公表していないが、地元メディアは400万ポンド(約6億1000万円)程度と報じている。デミチェリスはクラブの公式HP上で「シティに加入することができて嬉しい。僕はまだ成功に飢えていて、もっとうまくなりたいと思っているからね」と、マンC加入を喜んだ。リーベルプレート(アルゼンチン)とマラガで、今季からマンCの指揮をとるマヌエル・ペリェグリーニ監督の下でプレーした経験を持つ同選手は、「ピッチ上で、彼(ペリェグリーニ監督)の信頼に報いたい。プレーするのが待ち切れないよ」と、意気込みを語っている。(ISM)

デミチェリスのコメント

デミチェリスは、『マンチェスター・イブニング・ニュース』でシティ移籍決断の想いを語っている。「人生が僕を闘う者とした。僕がどこから来たのか、といったことがね。僕は人生の中でもがき苦しんできた。その困難が僕を決定づけた。僕はハードワーカーになったんだ」デミチェリスは、リーベル・プレート、マラガ、シティと3クラブで指導を受けているペジェグリーニ監督との関係にも触れている。「僕と監督の間には、大きな信頼とリスペクトが存在している。お互いのことをよく知っているし、リーベル・プレートの頃から一緒にやっている。あそこではチャンピオンになることができた。それから、マラガで成功に満ちた2年間を過ごした。そして今、3回目のチャンスが訪れた」「マヌエルは、僕のキャリアにおいて重要な存在だった。マラガでの2年を終えて、再び僕への信頼を示してくれた。コーチ陣やクラブの人々が与えてくれた信頼に、ピッチの中で報いたいと思う」(Goal)

update: 2013年9月2日11:27 pm