マンチーニ、代表監督も | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2013/06/15
マンチーニ、代表監督も

前監督マンチーニ
イタリアに戻ってのびのびと、そして
ヤル気ががんがん沸いてきたか
ブラジル・ワールドカップで代表監督かもね、とコメント
さらにジェコをナポリに薦める

シーズン終盤にシティで解任の憂き目に遭い、現在はフリーのマンチーニ氏。母国イタリアでバカンスを過ごしている同氏のコメントを、イタリアのメディアが伝えている。「早くベンチに戻りたいと思っているよ。もしかしたら、来年のW杯に向けて、代表チームを率いるかもね」また、マンチーニ氏は古巣シティからナポリへの移籍が噂されているFWエディン・ゼコについて、このように述べている。「シティにいたとき、私はフロントとよく(ナポリFWエディンソン・)カバーニについて話したんだ。我々が関心を持ち得る選手だったからね。今、新しいプロジェクトになって、シティがまだ関心を抱いているのかどうかは分からない」「ゼコは非常に素晴らしいストライカーで、イタリアではシーズンに29〜30ゴールを決められるはずだ。私はそう確信している」(Goal)

今季途中にマンチェスター・シティの監督を解任されたロベルト・マンチーニ氏は、もう彼の世界から外にいることに耐えられないようだ。現在イタリアでバカンス中の同氏は14日、「早くベンチに戻りたい。来年のワールドカップで代表チームを率いるかもしれないね」と語った。また、マンチーニ氏はナポリのラファエル・ベニテス監督に賛辞を述べ、マンCのFWエディン・ジェコのナポリ移籍を“後押し”している。「シティにいたとき、私はよくフロントに(ナポリFWエディンソン・)カバーニのことを話していた。我々が強く関心を抱くかもしれない選手だったからだ。今の新たなプロジェクトにおいて、シティがまだ彼に関心を抱くかどうかは知らない」「ジェコはとても素晴らしいストライカーだ。イタリアでは年間で20〜30ゴールを決められるだろう。私はそう確信しているよ」(Gazzetta.it.)

update: 2013年6月15日11:45 pm