ペジェグリーニ「シティは重要な選択肢」 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2013/05/28
ペジェグリーニ「シティは重要な選択肢」

もうほとんど決まっていると感じてしまう
次期監督ペジェグリーニ
やっとシティは重要とコメント

ホーム最終戦を勝利で終えたマラガは、ヨーロッパリーグ出場圏内となる7位以内を確保した。ただし、来季欧州の舞台に出られるかどうかは、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の判決次第となる。ペジェグリーニ監督は試合後、次のように語った。スペイン『マルカ』が伝えている。「ホームの観客の前で勝ってシーズンを終えたかった。2年連続となる欧州カップ戦出場権獲得を決めてね。素晴らしいシーズンだった。こうやって今シーズンを終えられるのは、夢のようであり、決して忘れられないだろう」ペジェグリーニ監督は「プロジェクトが前進しなかった」ことを理由に、今季限りでマラガを退団することを明らかにしている。同監督の新天地として有力視されているのが、ロベルト・マンチーニ前監督を解任し、新指揮官を探しているシティだ。「私には幸いにも重要な選択肢がある。マンチェスター・シティはその一つだよ。とても感動的なお別れだった」(Goal)

ミッドウィークにマラガを退団する意思を明かしたチリ人指揮官。26日のリーガエスパニョーラ第37節、本拠地ラ・ロサレダでのデポルティボ戦の前日会見で、その決断を下した要因を明らかにしている。「退団を決定したのは、UEFAによる欧州カップ出場資格はく奪によってではない。クラブにあるはずのプロジェクトが、一向に前進しなかったからだ」「私の去就については、デポル戦の後に話し合うつもりだ。行き先については、まだ何も決定していない。(MFホアキン・サンチェスの移籍先ともされる)フィオレンティーナ?何も決まってはいない。すべて憶測だよ」(Goal)

update: 2013年5月28日11:29 pm