マンチーニのあきらめたにファーガソン怒る | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2013/04/16
マンチーニのあきらめたにファーガソン怒る

マンチーニがもうだめだと嘆く中
選手達は頑張るというが指揮官が本当は
最後まであきらめるな!というのだろう
ファーガソンがそんなだめマンチーニに喝を入れる
マンチーニ

ユナイテッドがストークに敗れ、我々がFAカップでチェルシーに勝ち、(水曜日のリーグ戦で)ウィガンにも勝てば6ポイント差だ。そうなればあり得るかもしれない。そのためにはFAカップで3ポイントが取れなければならないがね。不可能なことだ。彼らは我々より良い戦いをしてきた。勝利に値するチームだ。リーグ戦はもう終わった。12ポイントは大きすぎる。7試合残っているが、近づけるように願うだけだ(Goal)

ファーガソン

我々にはやるべき仕事がある。残り7試合という状況も刺激となるだろう。ストークにとっても試練が待ち受けている。彼らが降格するとは思っていないが、危険ではある。しかし、下位チームが勝ち点を獲得することは多くはないから、ストークは残留に十分な勝ち点を残せると思うよ。我々に関しては、2位と大きな勝ち点差があるからと言って安心はできない。まずはストーク戦に勝つこと。ベストを尽くして、勝利を収めなければいけない(Goal)

まったくナンセンスだ。彼はちょっと、自分への同情とか、そういうものを求めていたんじゃないかな。もう何年も、イングランドの試合は世界で最も正直だ。我々全員がそれを認識している。今季のノリッジ・シティ戦で、サイドの選手たちは素晴らしいエネルギーを費やした。彼らは100マイルも走ったんだよ。それが、プレミアリーグだ。オールド・トラフォードに来てベストを尽くさないチームはない。それはエディハドでも、スタンフォード・ブリッジでも、エミレーツでも、アンフィールドでも同じだ。それがイングランドの性質だよ(Goal)

update: 2013年4月16日5:49 pm