シュマイケル、マンチーニがガンだ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2013/04/09
シュマイケル、マンチーニがガンだ

親子でOBのシュマイケルがマンチーニの行動にダメ出し
マンチーニのマネージメントに喝
そしてサポーターにも苦言

「ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督が、監督自身やチームやクラブが抱えている問題について、メディアにオープンに話すことは絶対にない。だがシティではそうなっている」「何人かの選手たちが公の場で監督に批判された。おそらくマンチーニはイタリアでそうしていたのだろう。あちらではそういうものなのかもしれないが、ここではうまくいかない」「一部の選手がそういう扱いに怒ったり失望したりするのは理解できる。それがピッチ上に影響し、監督のために100%プレーすることができないかもしれない」「サー・アレックス・ファーガソンなら絶対にそういうことはない。一貫したマネージメントをしている。それぞれの選手への接し方は違っても、監督と自分がどういう関係にあるのか、何が求められているのかははっきりと分かる。シティにはそれがなかった」「ユナイテッドでも悪い日はあるが、サポーターは理解してくれる。重要な試合で悪い結果を出すこともあるが、それでもサポートしてくれる。そこがユナイテッドと他の多くのクラブとの大きな違いだ。おそらく例外はアーセナルだけだろう」(Goal)

update: 2013年4月9日8:50 pm