ミランはもうバロを獲得した気分 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2013/01/28
ミランはもうバロを獲得した気分

ミランはもうバロを獲得した気分
というか空気が蔓延
ここまで来ると行ってしまうか
ここまで来てミランに移籍が無かったらミラン本当に厳しいんだな

ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは26日、上海申花FWディディエ・ドログバやレアル・マドリーMFカカーの獲得を「101%来ない」と否定した一方で、バロテッリについては「99.9%来ないだろう」と、わずかながらに扉を開けたままとしている。バロテッリの代理人であるミーノ・ライオラ氏は、イタリア『Radio DeeJay』で、バロテッリの去就について次のように語った。「マリオに関する真実? それはほかの人に聞いてほしい。私は言えないからね。31日まではあらゆることがあり得る。様子を見ているところだよ。お金の話はしていない。まだ何もないからだ。シティはEUROの最中に4000万ユーロのオファーを断っている。レンタルという案は排除するよ。シティはその可能性を聞きたがっていない」一方、仲介役となるブロンゼッティ氏は、『Radio DeeJay』で「両チームの差額が500万ユーロだと知っている。私は、31日までにまとまると思うよ」と話している。ミランファンであることを公言しているバロテッリは、お気に入りのチームに移籍することになるのだろうか?(Goal)

マンチェスター・シティFWマリオ・バロテッリが、さらにミランへと近づいている。ミーノ・ライオラ代理人のロンドン行きは霧により中止となったが、取引は中止していない。アドリアーノ・ガッリアーニ代表取締役は、マンCにオファーするために同代理人をイングランドへ送ることにしていた。おそらく、ロンドン行きは延期になっただけだ。イングランドで檻に入れられた獅子となっているバロテッリの獲得に、6年の分割払いによる2000万ユーロのオファー。これでミランは獲得できるだろうか。マッシミリアーノ・アッレグリ監督は27日の試合後、「彼はマンCの選手だ。私は先に手を出さないよ」と述べるにとどまった。一方、ガッリアーニ代表取締役は「バロテッリは99.99%の確率でシティに残る? いや、99.5%の確率でウチには来ないだろう。昨日とは違うが、株式市場は明日まで閉まっている」と、バロテッリ加入の可能性について、わずかながらパーセンテージを変えている。(Gazzetta.it.)

アドリアーノ・ガッリアーニCEOはこの日、バロテッリについて「99.5%来ない」と話している。同選手について聞かれると、アッレグリ監督は次のように述べるにとどまった。「彼のことは考えていない。彼はシティの選手だからだ。ミランの選手になるかどうかは、これから見てみよう。ほかのチームでプレーしている選手にメッセージを送ることはない」(Goal)

update: 2013年1月28日5:15 pm