マンチーニにとってのバイエルン・グアルディオラ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2013/01/20
マンチーニにとってのバイエルン・グアルディオラ

「グアルディオラの復帰はシティ」、「プレミアで指揮を執りたい」
「100%決定」などいろいろ記事も出た
バルサからは側近達もやってきた
何かマンチーニが失敗しないか、そんな感じだったかもしれない
元バルサ軍団が主流派になるかと思われたが
グアルディオラはバイエルンを選択し形勢逆転
マンチーニが生き残った、どうする元バルサたち

シティは昨年8月、バルセロナの副会長を務めていたフェラン・ソリアーノ氏を最高責任者に迎え、その2カ月後に同クラブでスポーツディレクターを務めた経験のあるチキ・ベギリスタイン氏をフットボールディレクターに招へいしている。そのため、以前からグアルディオラ氏の新天地になるのではないかと言われていた。だが、グアルディオラ氏は最終的にバイエルンを選択した。マンチーニ監督は報道陣に対し、次のように述べている。「まったく問題はなかった。新聞が記事をつくらなければならないことも、あらゆる監督がこの場所を望むことも理解しているよ。ここは良い場所だからね」「だが私は、我々はここで非常に良い仕事をしていると思う。私には5年の契約があり、5年にわたてそれは可能だと思う」(Goal)

update: 2013年1月20日8:35 am