11.21:レアル・マドリー(CL:H) | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2012/11/23
11.21:レアル・マドリー(CL:H)

11.21:レアル・マドリー(CL:H)1-1△
早くも終了チャンピオンズリーグ
金持ち、世界選抜対決
プレミアとリーガの王者対決
マンチーニとモウリーニョ
シルバ、アグエロ、(昔)マイコンなど欲しかったレアル
プレミアを戦場としていたモドリッチやロナウド
しかしもう後が無い状況での闘いになるとは思わなかった
白旗を挙げてみたマンチーニ、しかしメンバーは揃った
シティがだめだったとは思わなかった
ほぼ入ったと思ったシュートをナスタシッチがクリアしたり
しかしこれが経験値なのか?レアルはうまいし強かった

  • ハート
  • マイコン、コンパニー、サバレタ、コラロフ、ナスタシッチ
  • ナスリ、シルバ、ヤヤ・トゥーレ、アグエロ
  • ジェコ
  • パンティリモン、レスコット、バリー、シンクレア
  • 76:アグエロ
  • 45:コラロフ >>> ガルシア、60:ナスリ >>> テベス、87:アグエロ >>> ミルナー

序盤から守備のもろさを露呈して先制される最悪の展開。その後は布陣や選手を変更して反撃し、後半28分にはFWアグエロのPKで追い付いた。終盤も退場者を出した相手を果敢に攻めたが、勝ち越し点を奪えなかった。指揮官は「(突破を決めた)レアルとドルトムントが上のチームだった」と語ったが、首位のリーグ戦とは異なり、インテル・ミラノ(イタリア)時代からチャンピオンズ・リーグでの勝負弱さは続いている。元バルセロナのベギリスタイン氏をフットボール・ディレクターに迎えるなど、バルサ色を増しているチーム状況と、ライバルのチェルシーがあっさりとディマッテオ監督を解任し、ベニテス氏就任を発表した同日だけに、オーナー陣の動向が気になる。(スポニチアネックス)

プレミア&リーガ王者による10億ユーロ近い価値を持つスター選手たちの共演。シティはシルバを中心に攻撃を構築し、マドリーはカウンターから得点を狙った。先にスコアを動かしたのはマドリー。ディ・マリアのクロスに反応したベンゼマが、CL29得点目となるダイレクトシュートを沈めた。なおモウリーニョ監督にとって、この一戦はCL100試合目だった。100試合を達成した指揮官はアンチェロッティ監督(51歳)、ヴェンゲル監督(58歳)、ヒッツフェルト監督(58歳)、ファーガソン監督(62歳)とほかに4人いるが、49歳での到達は史上最年少。通算成績は54勝26分け20敗だ。(Goal)

モウリーニョはCL100試合目

レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督は、次節のチャンピオンズリーグのマンチェスター・C戦で、同大会100試合目を迎える。この数字に達している監督は、アンチェロッティ、ベンゲル、ヒッツフェルト、ファーガソンの4人だけとなり、モウリーニョ監督で5人目。最年少での100試合達成となる。ここまでのモウリーニョ監督の試合成績は54勝25分20敗で、マークしたゴール数は166、失点数は85。もっとも良い成績を残した2011-2012シーズンは、10勝1分1敗で35ゴール、1試合平均2.9得点をマークした。また、対戦チームとしては、バルセロナとの対戦回数が最も多く、12回となっている。(SOCCER KING)

マンチーニ

(オーナー達が怒っているんじゃないか?)いや、このグループが厳しいものだということは知っていた。もちろん。我々は良いチームで、マドリーやドルトムントに負けたことにがっかりしてしまうけれどね。私もみんなと同じように失望している。しかし、このグループで戦うことになった瞬間から、厳しい挑戦だということは分かっていた。我々は良いチームだが、いくつかのミスをしてしまったんだ。ファンは素晴らしい。我々と同じように、彼らも失望していることだろう。シーズンはまだ終わらないから、彼らの存在はとても大事だ。リーグでは首位で、FAカップもある(Goal)

コンパニー

私たちがヨーロッパの舞台で頂点を取る機会はまた訪れる。今は悲しい顔をせず、チームの改善を渇望するだけだ(SOCCER KING)

モウリーニョ

いつも言ってきたように、イングランドにはいい思い出があるので、戻って来られるのは常に嬉しいよ。イングランドでの試合が難しくなることはわかっている。難しい相手で、観客はホームを熱烈に応援するので、雰囲気も格別だよ。私はそれらも楽しみで、選手たちもイングランドでプレーする喜びがあるはずだよ。チャンピオンズリーグでは、ビッグクラブでも勝てないことは普通だと思っている。他も同様の実力を持ち、勝ちたいと願い、責任を負っているからね。ただ、非常に早い段階で大会を去ることがあれば、それは普通ではないだろう。私の考えを言えば、レアル・マドリードが決勝や準決勝、さらには準々決勝で敗退しても、それがサッカーだと思う。しかし、グループリーグでの敗退となれば、受け入れがたく、理解に苦しむね。昨シーズンは(マンチェスター・Cがグループリーグで)敗退しているが、今シーズンもそうなるのではないかと思っているよ。シティが(マドリードでの初戦に)勝っていたら、全く違った展開になっていただろうね。しかしあの試合で我々は見事に逆転して、勝ち点3を手にしたんだ。あの試合のおかげで、我々は自力で突破を決められる位置におり、良い調子を保っているよ(SOCCER KING)

勝てた試合だったが、突破に必要な勝ち点1を取りに行った。これまで2位通過したのは2回だが、そのどちらも優勝している。逆に1位通過では優勝していない(SOCCER KING)

ロナウド

ドルトムントはチャンピオンズリーグで素晴らしいシーズンを送っている。僕らは最も厳しいグループにいて、勝ち抜けには引き分けで十分だった。ただ審判はもう少し上手くやることができた。僕らは優勝カップを勝ち取るためにやっていて、それを手にするための希望と意志がある。チームはしっかりとした取り組みをしていて、今回は難しい大会になりそうだけど、今年が良い年になるよう希望と期待を持っている。僕たちはチャンピオンズリーグを制覇したいんだ(SOCCER KING)

update: 2012年11月23日10:06 pm