バルサから背広組を獲得 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2012/10/31
バルサから背広組を獲得

カネにものを言わせがんがん獲得
それは選手だけではない
バルセロナからベギリスタインを獲得
派手に選手を獲得し派手な監督を獲得
それから育成選手や育成設備、それから背広組
着々と帝国ができていく

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーは28日、バルセロナ(スペイン)の前スポーツ・ディレクターを務めたチキ・ベギリスタイン氏がフットボール・ディレクターに就任したことを発表した。ベギリスタイン氏はトップチームの管理、選手獲得などを担当し、マンチーニ監督をサポートしていく。同クラブには今夏、バルセロナの元副会長でもあるフェラン・ソリアーノ氏が、マンチェスターCの最高経営責任者として就任。両氏は旧知の仲で、多くのタイトルをバルセロナにもたらしている。チキ・ベギリスタイン氏はクライフ率いるドリームチームの一員として、90年代バルセロナの黄金時代に活躍。ラコルーニャ(スペイン)でプレーした後、97年に浦和に加入。99年に現役を引退すると、03年から10年までスポーツ・ディレクターとしてバルセロナに在籍した。(スポニチアネックス)

マンチェスター・シティは、元バルセロナのチキ・ベギリスタイン氏がフットボールディレクター(FD)に就任したことを発表した。ベギリスタイン新FDは、2003年から2010年までの7年間、現役時代にもプレーしたバルセロナのスポーツディレクターを務めていた。バルセロナ時代には、現アンジ・マハチカラFWサミュエル・エトー、現アトレチコ・ミネイロFWロナウジーニョ、現在もバルセロナでプレーするDFダニエウ・アウベスらの獲得に成功していた。シティは8月にバルセロナの副会長を務めていたフェラン・ソリアーノ氏を、最高経営責任者に迎えている。(Goal)

元バルセロナの強化担当、チキ・ベギリスタインがマンチェスター・Cの強化ディレクター(フットボールディレクター)になることが決まった。マンチェスター・Cが公式声明を出している。ベギリスタインは、前バルセロナ会長ジョアン・ラポルタに連れられて、2003年から2010年までバルセロナの強化担当の役割を担っていた。ジョア ン・ラポルタ時代のクラブ副会長フェラン・ソリアーノ氏が、現在マンチェスター・Cで最高経営責任者の役職についているため、場所をイギリスに変えて、元 バルセロナの二人が再びタッグを組むことになる。クラブ側はベギリスタインの役割について、「彼のマンチェスター・シティでの新たな役割は、トップチームの監督ロベルト・マンチーニを、選手獲得やトッ プチームのマネージングなどあらゆる面で援助することだ」と説明。ベギリスタインは、チェルシーやトッテナムなどからもオファーを受けていたが、マンチェ スター・Cがバルセロナの方針に心酔していることもあり、このオファーを受け入れることに決めたそうだ。また将来的に、ジョゼップ・グアルディオラが監督 として招聘されるのではないかとの憶測も飛んでいる。(SOCCER KING)

update: 2012年10月31日11:48 pm