バット・バロ、父親問題微妙 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2012/07/08
バット・バロ、父親問題微妙

バット・バロの元彼女が妊娠
別れたのでもう無いというバロ
しかし彼女はこれで復縁すると
これは難しい
DNA鑑定まで考えるのだからバロ的になにか信頼できないものもあるのだろう
元彼女の話

フィーコさんは週刊誌『Chi』のインタビューで、「ドイツ戦の前日、マリオに連絡したの」と明かした。妊娠を告げたときの様子について、フィーコさんはこのように話している。「彼にはこう言ったの。『親になるという私たちの夢を覚えている? その夢が現実になるわ。私、妊娠しているの。あなたの子供よ』。最初、彼は黙っていたわ。それから、『世界で最高のニュースを知らせてくれた』って言ってくれたの。そして次の日、彼はピッチで2ゴールを決めたのよ」バロテッリの人生にとって、大きなターニングポイントとなるだろう。だが、まずは2人の関係を修復しなければいけない。4月29日にバロテッリとフィーコさんは破局している。「マリオと私は今、関係を立て直そうとしているところよ。きっと、代理人のミーノ・ライオラは私のことが好きじゃないでしょう。でも、マリオがどれだけ私を愛しているか、そして私がどれだけ彼を愛しているか、私は知っている。遊びが好きな父親になるでしょうね。そして甘くて愛情たっぷりの、素晴らしい人生のパートナーになるはずよ」(Gazzetta.it.)

「マリオと私は今、関係を立て直そうとしているところよ。きっと、代理人のミーノ・ライオラは私のことが好きじゃないでしょう。でも、マリオがどれだけ私を愛しているか、そして私がどれだけ彼を愛しているか、私は知っている。遊びが好きな父親になるでしょうね。そして甘くて愛情たっぷりの、素晴らしい人生のパートナーになるはずよ」「クリスマスのとき、彼は『結婚して子供をつくろう』って言ってくれたの。私は受け入れていたわ。それからああいうことがあった。今は、男の子か女の子か、判別を待っているところよ。彼は男の子がいいでしょうけどね。それから、名前も決めないと。私が確実に知っているのは、バロテッリという苗字を誇るはずということだけよ」(Gazzetta.it.)

マンチェスター・シティに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、まもなく父親になるようだ。元恋人のラッファエッラ・フィーコさんが、イタリア『Chi』の中で明かした。バロテッリとフィーコさんは、交際約11カ月で距離を置いていた。しかし、新しい家族ができることを受けて、再び歩み寄っているようだ。フィーコさんは、次のように話した。「5月の中旬に妊娠していることが分かったの。少し遅れていたけど、特別なことはないと思っていたわ。でも、薬局に行って、妊娠検査薬を買って、すべてが明らかになったの。お母さんと兄弟にだけ伝えたわ。マリオは私と距離を置くことを決めたから」「今、私たちは関係を修復しているところよ。私は確信しているの。彼は私を愛することをやめたわけではないとね。ドイツ戦の前に、彼に伝えたわ。そうしたら、とてもうれしいと言ってくれたの。その次の日のドイツ戦で、彼はゴールを決めてくれたわ」(Goal)

バロテッリは結構怒っている

マンチェスター・シティFWマリオ・バロテッリの元恋人であるラッファエッラ・フィーコさんが、同選手の子供を妊娠したと告白したことについて、本人が言及した。バロテッリはフィーコさんとの関係について話し、妊娠については第三者から聞いたと主張している。また、DNA鑑定も求め、関係修復はあり得ないとした。「私生活について公に話すことは好まないが、ここでラッファエッラ・フィーコとの関係をはっきりさせる必要があるようだ。僕たちの関係は4月頭に終わっており、そこからは付き合っていない。連絡もしていない。彼女の人生は自分に関係ないし、ラッファエッラも自分の人生とは関係ない」「別れたときから彼女とやり直すつもりがなかったこと、今もないことは、ラッファエッラもよく知っている。だが、自分たちの間にあったことへの敬意から、事実じゃないことが言われたときも、自分は話さないことを望んできた」「数日前、第三者から、ラッファエッラが妊娠していることを聞いた。だから連絡することにしたんだ。それが事実だと彼女が認めたのは、自分が尋ねてからだった。とても落胆している。妊娠4か月まで何も知らないなんて、普通のことではないと思う。こういう重要なことをすぐに連絡してこなかった理由が分からない」「自分が父親だという証明を手にしたら、そのときは全責任を負う。すでにこの件で写真やインタビューを売り、もうけようとしているのを見ると、すごく煩わしいしね。イメージのためであっても、この件を利用しなくって済むくらいに、ラッファエッラはすでに十分有名だと思う」「この件について公に話すのは、これが最初で最後だ。ラッファエッラから何を言われようが、記事でどんなことを書かれようが、これ以上話すつもりはない(Gazzetta.it.)

父親になるバロテッリだが、フィーコさんとは既に破局。同選手はイタリアメディアに対し、「彼女に連絡をしたのは自分からだよ。俺たちの関係は終わったが、もしお腹にいるのが自分の子供であれば責任を取る。ラッファエッラが妊娠していることは知り合いを通じて知った。ただし、妊娠が分かってから4カ月も連絡しないのは普通じゃないね」と父親になることを認めたが、フィーコさんへの不満を示した。また、「彼女がインタビューに答えて金を稼ぐことに対しては不快感を覚える」と雑誌に妊娠している姿を掲載させたフィーコさんに怒っている様子だった。(SOCCER KING)

update: 2012年7月8日4:00 am