アデバヨール放出を否定 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2010/06/03
アデバヨール放出を否定

ミランとか噂があるアデバヨール
大黒柱なんだから残るとマンチーニ
しかし他の主砲獲得はまだまだ微妙と

マンチェスター・シティのロベルト・マンチー監督が31日、イタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、来シーズンの目標や今夏の補強について語った。この中で同監督は、移籍の可能性が噂されるFWエマヌエル・アデバヨールの放出を否定している。「我々はチャンピオンズリーグ(CL)出場権にたどり着くことができなかった。だが、私は満足しているよ。来季は開幕から指揮できるし、もっとうまく働けるだろう。より良くなるために、マーケットで動くことが目標になるのは当然だ」「(ズラタン・)イブラヒモビッチや(マリオ・)バロテッリは素晴らしい選手たちだよ。バロテッリはどんなリーグでもうまく適応できるだろう。プレミアリーグでもやれるよ。だが、インテルが手放すことはないと思う。同じことは(エディン・)ゼコについても言えるね。最高の選手だが、現時点で具体的なことは何もない。我々が獲得するとは限らないよ」「アデバヨール? 彼は我々の下に残る。我々のチームの大黒柱の一人なんだ」(Goal)

セリエAのビッグクラブがチームを強化し、圧倒的な力を誇るインテルとの差を埋めるために、プレミアリーグの選手の獲得を狙っているようだ。英紙『メール・オン・サンデー』が報じたところによると、ミランは以前にも関心を寄せたマンチェスター・シティFWエマヌエル・アデバヨールの獲得を再び狙っているという。確かに、アデバヨール獲得は安価で実現できることではない。同選手の評価額は2500万ポンド(約33億円)と言われている。だが、ミランは2000万ポンド(約26億4000万円)にマシュー・フラミニかクラース・ヤン・フンテラールのどちらかをつける用意があるという。2人ともセリエAでは輝くことのできなかった選手だ。マンCが狙っているのは、ミランFWアレシャンドレ・パトのようだが、ミランが同選手を手放すのは不可能と見られている。獲得を目指して今週ミラノへやって来たマンCの幹部たちに対し、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ代表取締役は断りを入れたそうだ。なお、アデバヨールの代理人は同選手とロベルト・マンチーニ監督の関係不和を否定し、イタリアへ移籍することはないとしている。(Gazzetta.it.)

update: 2010年6月3日4:11 am