1.01:サンダーランド(A) | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2012/01/03
1.01:サンダーランド(A)

1.01:サンダーランド(A)0-1×

  • ハート
  • サバレタ、コンパニー、レスコット、コラロフ
  • バリー、デ・ヨング、ジョンソン、ヤヤ・トゥーレ、ナスリ
  • ジェコ
  • 53:シルバ
  • 45:デ・ヨング >>> アグエロ、56:ナスリ >>> シルバ、67:コラロフ >>> リチャーズ
  • パンティリモン、クリシ、ミルナー、サビッチ

上位陣が破れるという波にシティものってしまった
チャンスは確かに多くあったがバーに阻まれたり
もうしょうがない、最後のゴールもオフサイドだったとしても
あの雰囲気では微妙ならゴールでしょうがないだろう
過密日程のことを考えシルバやリチャーズを温存したのはまずかったか
マンチーニ

今日のような負け方はいけない。イライラすることだね。後半は、何度か覚えていないほどのチャンスがあった。ただ、そういった試合でも、サッカーは勝てないことがあるんだ。多くのメンバー変更はあったが、プレーは良かった。前半はまずまずというレベルだったが、後半はとても良かったね。しかし、サッカーはこういうものだ。強いチームというのは、こういった失点をしない。カウンターでゴールを許して残念に思う。私はサッカーを知っている。ヴィニー(コンパニ)とレスコットにそこにいろ、ということを繰り返し伝えていたが、最後は自分の声を失ったのかもしれない。我々は攻撃を続けた。だから、10人で攻撃したくなったんだ。危険なことは分かっていた(Goal)

サンダーランドの監督オニール

素晴らしいパフォーマンスだった。この試合に勝つことは、我々にとってすごいことだ。ラスト20分は、シティが我々のペナルティーエリア付近でプレーし続けていたことを認めるよ。しかし、我々の選手はサポートを続けて、93分にゴールを決めたんだ。早い時間から、こちらにはチャンスがあった。しかし、ニクラス・ベントナーはボールを長く出し過ぎてしまったようで、(GKとの1対1を)決めることができなかったね。こういったものが決まっていれば、より落ち着くことができたかもしれない。しかし、どういった状況であれ、試合は続いたから、しっかりと守る必要があった。きっと、キャプテンのパフォーマンスが今日のチームの要約だったと思う。彼には最高のパフォーマンスだったと話したよ。シモンは数日間、フェイスガードを着けて練習していた。彼にプレーさせることを決めたとき、『うまくいかなくても、君の責任はない』と伝えたよ。彼は自信を持って戦い、見事だったね(Goal)

ゴールを決めた20歳の韓国代表チ・ドンウォン

試合は終わって、もう過去のことだけど、今日起こったことには、とても喜んだ。だけど僕自身のことだけじゃなくて、チームの結果が大事なんだ、この勝利はマンチェスター・シティに得点を許さなかった僕らのハードワークへの報いだね。相手はリーグでもベストのチームの一つで、最後の瞬間に決勝点を決めるというのは特別なことだ。すべてのファンとチームメートが喜んでくれて、それが僕にとって一番のことだ(Goal)

update: 2012年1月3日2:23 pm