トゥーレ・ヤヤ争奪戦でユナイテッドに勝利 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2010/07/27
トゥーレ・ヤヤ争奪戦でユナイテッドに勝利

ユナイテッドとシティ
普通ユナイテッドに行っていたわけで
お金でシティが上がってきた
そしてそのメンバーが活躍してクラブが上がってきた

マンチェスター・シティへ移籍したMFトゥーレ・ヤヤが、同じ街のライバルであるマンチェスター・ユナイテッドからのオファーを断っていたと明らかにした。バルセロナからの移籍を決断した際に、トゥーレ・ヤヤはシティが唯一オファーを提示したクラブではなかったと話した。そして新天地を決めたのはお金ではなくフットボール面が理由だと強調した。「昨シーズン、ユナイテッドが関心を抱いてくれていた」とトゥーレ・ヤヤは、イギリス『ガーディアン』に語った。「契約延長を話し合っているときに、ユナイテッドが尋ねてきたんだ。フットボールでは明日、何が起こるかは決して分からない」「ユナイテッドはビッグクラブ。世界で最も大きなクラブの一つだ。でも僕はシティを選んだ。彼らは長い間、タイトルを獲得できていなかったからね」「すべてが変わるのを見るのは本当に良い感覚だよ。魅力的な挑戦だし、すべてがうまくいくことを望んでいる。バルサを去った理由を多く聞いたけど、僕は兄とプレーしたかったんだ」「それが非常に重要なことだった。シティと契約して本当に満足しているよ。兄と大きな結果をクラブにもたらしたいね。それが実現できると確信している」(Goal)

update: 2010年7月27日4:22 pm