CL敗退マンチェスター達は恥ずかしい | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2011/12/11
CL敗退マンチェスター達は恥ずかしい

CL敗退マンチェスター達は恥ずかしい、とメディアが騒ぐ
しかしシティはこれだけ金を使って豪華、といっても
CL初出場で死のグループであり10ポイントとって
バイエルンに勝利しての敗退だからベンフィカ、バーゼル
に行かれたユナイテッドと一緒にしないでもらいたい

『デイリー・メール』はページに大きく「WIPEOUT!(消された!)」と報じ、「木曜のサッカーの屈辱」について伝えている。ヨーロッパリーグ(EL)が木曜開催だからだ。一方、『タイムズ』は、「困惑の転落」と報道。DFパトリス・エブラがELを戦うことについて「困惑」と話したことを紹介した。『テレグラフ』はさらに厳しく、マンUのFWウェイン・ルーニーとマンCのFWセルヒオ・アグエロの写真を並べて、「強大な力が崩れた」と伝え、「屈辱的で恥ずかしい」夜について報じた。『デイリー・スター』は「ユナイテッド守備陣のひどいパフォーマンス」を批判している。マンCのロベルト・マンチーニ監督も、CLで前進し、今季よりもうまくやりたければ、来年は何かを変えなければいけないだろう。同監督は「チームとして改善しなければいけない」とコメントしている。だが『サン』は、マンチーニ監督こそがマンCの本当の力であり、マンCがまだELを含めてほかの目標を争っていることを強調している。(Gazzetta.it.)

update: 2011年12月11日11:04 pm