マンチーニ劇場はロングランに | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2011/10/23
マンチーニ劇場はロングランに

打ち切りの可能性もあったマンチーニ劇場
ロングランになるかもしれない
バロテッリを手なずけ、テベスに対してNOと言えるマンチーニ
ファーガソンとの“師弟”対決
アダム・ジョンソンとの兄貴風アドバイスなど
まだまだストーリーが出てくる

マンチーニは昨シーズン、クラブに35年ぶりのタイトルをもたらし、チームはチャンピオンズリーグ出場権を獲得。今シーズンも好調を維持し、クラブは躍進を遂げている。クラブはマンチーニの仕事ぶりに満足し、指揮官自身も、「ここを去りたくない。幸せなんだ。もしクラブが私にとどまってほしいと願うなら、それは良いことだね」と発言していたことから、契約が延長される可能性が高いと見られている。(SOCCER KING)

2009年12月からシティを率いているマンチーニ監督は、クラブとの契約延長交渉に入ったと噂されている。同指揮官は、これを否定しているが、オファーがあれば前向きに検討するようだ。マンチーニ監督が、報道陣に対して次のように述べた。「長い間、ここにいたい。しかし、私の契約は重要なことではないね。今シーズンを終えても、あと1年の契約がある。問題はないよ。私はクラブと話していない。しかし、今は大事なことではない」「私はここで、良いフィーリングがある。ここにいたいと思うよ。しかし、サッカーの世界では、毎週状況が変わる。2、3試合で負けてしまうだけで、すべてが変わるかもしれないんだ。ただ、今の我々はよくやっているね」(Goal)

update: 2011年10月23日2:40 am