テベス、バイエルン戦で出場拒否 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2011/09/29
テベス、バイエルン戦で出場拒否

バイエルンに完敗してしまった
そしてマンチーニこれってどうよってこうたいばかり
しかしこの采配でテベスが拒否したからというものがある
テベスは交代を拒否したとのこと、アップも拒否
ときどき映るテベスに出ジョうする気配が無いのは
てっきりマンチーニが使わない方向だからだと思ったが
テベス自身に出場する気が無かったと言うことなのか?
マンチーニの怒り、テベスは誤解だというがどんな誤解か?
まだ本当のことがわからないが、あの状況でテベスを投入しないというのは
ありえなかったとは思う、そして今回移籍実現が失敗したこともあり
状況証拠は揃っている感じ
もし本当にテベスが拒否だったら賠償金を払わせレアルにでも貰って欲しい
ベンチの混乱?これは大いにあっただろう
マンチーニ

彼はアップすることさえ拒否し、その後、ピッチに出ることも拒否したのだ。わたしは本当に失望している。チームの仲間を助けることを拒否するなど、偉大なクラブでは決して起こってはならないことだ。チームとして上を目指すなら、カルロスは今後一切このチームでプレーすることはない。わたしにとって、これはもう終わったことだ。カルロスはわれわれのチームでこれ以上プレーすることはできない。わたしが監督である限り、ここでのテベスの時代は終わったということだ((C)MARCA.COM)

マンチーニ

(55分に)ゼコを下げてデ・ヨングを投入したのは、相手に3点目を奪われないためだ。その後で、カルロス・テベスを投入するつもりでいた。それから、彼はピッチに入ることを拒否した。選手がプレーしてチームを助けることを拒否するのは不可能だ。だから、私にとっては難しい状況だね。彼はプレーしないことにがっかりしていた。しかし、我々は11人でプレーする。拒否することは不可能だ。今夜の試合で、我々には問題があった。これまでは問題なくきていたね。すべての選手がプレーした。しかし、1人の選手がプレーを拒否することを、私は認められない。バイエルン・ミュンヘンやマンチェスター・ユナイテッドやミランの選手が、同じようなことをするところが想像できるかい?彼(ゼコ)は交代に失望していた。3日おきに試合がある状況で、こういった交代は必要だ。私はそれが大事だと思った。エディンとは話をしなければいけない(Goal)

テベス

ベンチでは混乱があり、あいまいな状況となっていた。それにより、そのとき僕が置かれていた立場を誤解されているかもしれない。ミュンヘンでは、アップも終わっていたし、出場する準備はできていた。今は、まだ事実がはっきりしていないから、詳細を明かすことはできない。でも、伝えられているようなことは起きていない。僕はこれまで、ピッチ上では常に全力でプレーしてきた。僕は、出場拒否など一度もしたことがない。しかし、これまで僕を応援し、素晴らしい関係を築いてきたファンを誤解させてしまったことについては、謝りたい。今は、前を向きたい。僕は出場するチャンスを与えられたときに、プレーする準備ができているし、僕の義務を遂行するつもりだよ。(Goal)

外からの声

『ESPN』によると、元スコットランド代表MFで、リヴァプールで選手、監督として活躍したグレアム・スネース氏は「テベスは腐ったリンゴだ」と痛烈に批判。「これは、全く受け入れられない。彼はサッカー選手で、プレーすることで給料をもらっている。それなのに彼はチームメイトを助けるのを拒否した」と、テベスの行動は理解できないと不快感を示した。マンチェスター・Uなどで活躍した元トリニダード・トバゴ代表FWのドワイト・ヨーク氏も、テベスを酷評。「ピッチに立つことを拒否した彼の行動を、看過することはできない。それを見て好意を抱く人間などいない」と切り捨てている。(SOCCER KING)

テベスは『Press Association Sport』に対し、マンチーニ監督の指示を無視しておらず、誤解だと主張した。すべては英語の問題だったのだろうか。いずれにしても、マンチーニ監督とクラブの考えは一致しているようだ。マンCは28日、最大2週間にわたってベンチを謹慎処分とすることを明らかにした。テベスの件が誤解かどうかは別にして、メディアが重大視していることは確かだ。最も厳しいコメントを残したのは、元リヴァプール監督で、現在はイギリス『スカイ』のコメンテーターを務めるグレアム・スーネス氏。英紙『ミラー・スポーツ』は、同氏がテベスを「腐ったリンゴ」「サッカーの崩壊」と称したと報じている。バイエルン戦でマンチーニ監督にとって問題となったのは、テベスだけではない。FWエディン・ゼコも交代を命じられ、スパイクを地面に投げつけるところがテレビ画面で映し出されている。マンチーニ監督はゼコの態度を快く思わず、今後は似たような行動を許さないと警告している。『タイムズ』によれば、マンチーニ監督はすでにクラブの会長に会うアポイントを取ったようだ。テベスだけではなく、自らの「権威」にたてつこうとする者について、どうすべきかを決めるためだという。指揮官はテベスについて、「(2014年までの)契約が解消されるかどうかは分からない。だが、私の下で彼が終わったことは確かだ」と話している。(Gazzetta.it.)

ジェコもふざけるなよ
いろいろやってから文句言えよ
それが大金を貰っているものの役目だよ

update: 2011年9月29日11:14 pm