マンチーニ、自分の昔話でバロを諭す | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2011/08/10
マンチーニ、自分の昔話でバロを諭す

マンチーニ、自分の昔話でバロを諭す
しかしマンチーニの言っている事ってかなり正しいと思う
最近は金のためばかりに動き自分のクラブへの愛情が足りないと思う
若いうちから大金をもらえる人間なんてそんないないだろう
おまえはどこのクラブの選手なんだ?と
ジェラードにはずっとリバプールにこだわって欲しい
シティにもそう言う選手がどんどん出てきてくれるようになって欲しい

私が現役だった15〜20年前の選手は、今よりもずっと精神的に強かった。それが今ではその強さが姿を消している、どうしてなんだ?当時の我々はもっとハングリーだった。年俸は少なかったし、トッププレーヤーになりたいという意気込みがあった。そのためにはすべてを諦めることもいとわなかった我々はもっと真剣だった。17歳か18歳のとき、私だってみんなと同じようにミスをおかした。だが、20歳になれば、変わらなければならない。なぜなら、それからの選手生活は長くはない。10年から12年ぐらいだ。マリオ(20歳)もこれを理解することが大事だ。私は若い選手には我慢して対応している。マリオがホームシックにかかるのもわかるし、彼のことは辛抱強く見ている。もっとも、時には本当にがっかりすることある。彼には経験が必要だし、彼自身が態度を改めなければいけないということを理解しないとならない。このあいだ彼と話したら、『ボス、俺はここにいたいんだ』と言っていた。彼のことはインテル時代から知っている。マリオは素晴らしい青年だ。私が彼を獲得したから、監督だから言ってるんじゃない。彼はほんとうにファンタスティックな青年なんだ。私は彼のことをよく知っているから信頼している。ピッチ外の彼はすごくいいやつなんだ。それにマリオは世界有数の選手でもあると思っている(Goal)

update: 2011年8月10日5:28 pm