2000%男・バッド・バロ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2011/05/25
2000%男・バッド・バロ

移籍する噂もあるバッド・バロ
代理人が2000%シティに残留とコメント
バッド・バロだけじゃなく代理人もなかなかな奴だ

バロテッリは、今夏にも母国であるイタリアのクラブに移籍するのではないかとささやかれている。しかし、バロテッリはエージェントに、「俺はシティに残る。ここで幸せなんだ」と話したという。これを受けて代理人は、「マリオはマンチェスター・シティに残るだろう。2000パーセント確かなことだ」とコメント。移籍する意向がまったくないと明かしている。(SOCCER KING)

そしてFAカップ優勝パーティーは関係ねーよと
イタリアに帰ってしまったさすがバッド
しかしそれを許可したのはマンチーニらしく
上の人はマンチーニにもご立腹

マンチェスター・シティFWマリオ・バロテッリは23日、ミラノのレーガ・カルチョのオフィスの外で、ミーノ・ライオラ代理人といたことが報じられている。ボルトンとのプレミアリーグ最終節終了後、彼はすぐにイタリアへと飛び立ったのだ。こうして、バロテッリはFAカップ優勝を祝うパレードと、22日夜の豪華ディナーを欠席することになった。このディナーで、バロテッリはファンの投票による「年間最優秀若手選手賞」を受け取るはずだった。だが、バロテッリの代わりに、舞台へはDFマイカ・リチャーズが。クラブの幹部たちの怒りは明らかで、それはスポンサーや(イベント参加のためにお金も払っていた)ファンたちも同じだった。マンCのギャリー・クック代表取締役は、選手たちは23日のパレードに参加しなければならないとして、すべての選手たちに対し、厳しい罰金処分を科すことも正式文書で伝えていた。FWカルロス・テベスがすでにブエノスアイレス行きのチケットを手にしていると言われ、彼がパーティーに参加しないと見られていたために必要だったことだが、実際にはテベスはパレードに参加。いなかったのは、バロテッリだった。(Gazzetta.it.)

しかしどこ吹く風かイタリア代表に選出

ユーロ2012予選に臨むイタリア代表のチェーザレ・プランデッリ監督が、代表メンバー25人を発表した。ミランを退団することが決まっているMFアンドレア・ピルロ、マンチェスター・CのFWマリオ・バロテッリ、降格したサンプドリアMFのアンジェロ・パロンボが復帰を果たしている。グループCのイタリアは、6月3日にエストニアとのホーム戦、7日にベルギーのリエージュで元イタリア代表アイルランドとのテストマッチを行う。(Goal)

バッド・バロの車に制約無し

ピッチ上でゴールと警告を集めるマンチェスター・シティFWマリオ・バロテッリは、ピッチの外で多くの議論を呼び、多くの罰金を支払っている。『サン』によると、“スーペルマリオ”は、マンチェスターへ移ってからのわずか9カ月で、交通違反で1万1000ユーロ(約130万円)以上の罰金を支払っているという。1カ月あたり1000ユーロ(約12万円)以上という計算だ。それだけではない。すでに警察は、彼の車を把握している。彼の愛車マセラティは、すでに27回もレッカー移動されているそうだ。まったく改善される様子はなく、そのたびにマンチェスター・シティの職員が車を引き取りに行く。だがしかし、1日平均3回の罰金を受けるようだ。クラブ関係者は、「マリオは彼の住む高級住宅地から近くのレストランへ行くのにも車を使う。そして、駐車禁止となっているそこに置いて帰ってしまうんだ。マリオにとって、罰金を払うことは興味のないことだ。彼にとっては、たいしたことではないからね」と話しているという。(Gazzetta.it.)

update: 2011年5月25日11:30 pm