ヴィエラ、マンチーニに援護射撃 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2010/11/16
ヴィエラ、マンチーニに援護射撃

ヴィエラがマンチーニに時間を与えよ、と意見
確かに時間は必要なのだが
ほとんど欲しい選手を揃えられたのは
オーナーがお金で時間を買ったのと同じだからちょっと

ロベルト・マンチーニは勝者だ。たぶん、イングランドの一部の人はまだそれを理解していない。でも彼は勝者だよ。彼は選手としても勝者だった。監督としてもまさに同じ姿勢を持っている。彼は最高になることを目指している。マンチーニは、彼自身に求めているのと同じ基準を選手に求めている。彼はギブアップする男じゃない。辞めることは彼のキャラクターじゃないんだ。そして何をすべきかクラブのオーナーに話すことは、僕のすべきことじゃない。でも選手として、ピッチで自分が見ていることについてはコメントする権利がある。アーセナルでアーセン・ヴェンゲルという偉大な監督の下でプレーした。彼があそこであれだけ多くの成功を収めた理由は明らかだ。彼が望むチームをつくる時間が与えられたからだよ。それはファーガソンのユナイテッドも同じことだ。時間を与えられた2人が成功を収めたのは、偶然じゃない。ここの監督は、あまりにも多くのプレッシャーがある。多くの資金を投じているからね。ただピッチの上で出した結果で彼はジャッジされる。それでも、イングランドで最初にフルシーズン率いて3カ月は、非常警報が鳴る時期じゃない。(Goal)

update: 2010年11月16日11:27 pm